« 秋うらら | トップページ | 入院生活最後の夜に »

病床より

家に戻ってゆっくり書こうと思い、こと細かに手帳に綴ってはいるけど、今日は気分も良いので携帯電話からひとこと日記を!

今日は義母が訪ねてくれて長話をした。
義母はほぼ毎日来てくれて心配ばかりしてくれる有り難い存在。

今日は手術の日を振り返り、私でさえ見たくない摘出した子宮の話をしてくれた。
実は本人のものでありながら当の本人には未公開物体のまま闇に葬られるのでありまして、残されたものはそのグロテスクな写真のみ(非公開にしますのでご安心を)でありました。
やはり現物見せられなくて正解、というより何故あれを誰かに見せる??と疑問のみが残るのであります。
義母がいうには
「あんた、あ〜んなもんをよくお腹ん中入れて生活出来たね。重かったらぁ?何キロあっただいね・・・大変だったねぇ。」
と。一気に20cmもの大きさになったわけじゃないからさほど感じなかったけど見せられた者にはかえって辛く感じたのだろう。

私の身体にはあらたに20cmの傷が刻まれた。

|

« 秋うらら | トップページ | 入院生活最後の夜に »

子宮筋腫」カテゴリの記事

コメント

手術されたんですね。
お疲れ様でした。
摘出されてとっても楽になったようでよかったです。
しばらくゆっくり休んでくださいね(^^)

投稿: ぷっち | 2009年9月12日 (土) 22:52

お歌から察するに経過が順調のようで何よりです。
予後をお大切に。

投稿: 紫苑 | 2009年9月13日 (日) 09:06

手術されたんですね。
20センチ、結構大きな存在でしたね。

確かに自分のお腹の中あったものであるけど
あれは見ないほうがいいかも…


術後の回復が順調でありますように
お大事に

投稿: あのだっち | 2009年9月14日 (月) 13:44

20センチ・・・とても大きかったんですね。
くれぐれも無理しないでくださいね。

恭子さん、お大事に・・・

投稿: 詩月めぐ | 2009年9月14日 (月) 20:41

一雨ごとに朝夕の冷たさが身に染み入るような気候になってきましたね。

恭子さまには術後の経過もよろしいご様子、安堵致しました。
とはいえ体に刃物を入れた後ですし、これからの季節は冷えますから、どうぞご注意なさって下さい。

3キロ減の儚い喜びは忘れて、しっかり召し上がってお元気になられてねん。

投稿: おはぎ | 2009年9月16日 (水) 11:24

ぷっちちゃん、こんにちは

ご心配をおかけしました。

今はまだ傷や体力の回復を待っている状態なんだけど、今後は月の日の煩わしさから解放されることや今まで押されていて他の臓器たちが随分と楽な思いをするんだろうな・・なんて思っていますよ。
体調は無理せず一ヶ月くらいで徐々に戻してゆきたいと思っています。

投稿: 恭子 | 2009年9月18日 (金) 10:32

紫苑さん、こんにちは

紫苑さんからコメントをいただいた頃は傷の痛みもずいぶん和らいだころでした。

今はお腹の中を縫った部分の引き攣れが残っているくらいで痛みと感じるものは何一つなく体力はかなり落ちたもののおそらく散歩の距離を徐々に伸ばしながら一か月ほどで戻してゆけるものと思っています。

日中はまだ暑さを感じるものの朝夕めっきり風も冷たくなって秋が一歩一歩深まっていることを感じました。

深みゆく秋の歌、楽しみましょう!

投稿: 恭子 | 2009年9月18日 (金) 10:37

あのだっちさん、こんにちは

はい!切っちゃいましたよ。
昨日は義母の提案で家族と実家の両親で夕食会を催していただき、摘出した子宮のことも延々と聞かされましたが驚きの大きさだったようで落ちた体重分はやはりあったのでは?とのことでした。(生々しくてすみません・・)

術後の回復は順調と言えば順調ですが、アレルギー体質のため何に反応したのかまったくわからない蕁麻疹に今は悩まされています。
きっと体力回復とともに徐々に消えてゆくものと信じてはいますが・・。

投稿: 恭子 | 2009年9月18日 (金) 10:43

めぐちゃん、こんにちは

20cmね・・大きいね。先生も第一声が
「でかかったから傷もでかいよ」
だったっけ(笑)

めぐちゃんにはリブリのお世話まで頼んでしまって申し訳なかったです。今、行ったらメンテ中でしたね。

めぐちゃんも体調を崩した日があったようで・・ずいぶん負担かけてしまったね。

これからはぐんぐん回復します。だって月の季節だもんね!
今年も十五夜詠み会しなくちゃね。

いろいろありがとう・・・めぐちゃん。

投稿: 恭子 | 2009年9月18日 (金) 10:49

おはぎさん、こんにちは

朝夕の風の冷たさに10日間の時間の大きさを感じました。

「身体に刃物を入れた」
とはまたおはぎさんらしい表現ですね。
おはぎさんのここのところの歌に腹筋のリハビリものの歌が数首あり病床で携帯覗きながら傷の痛みを押さえつつ怪しい笑いを漏らしてたので看護婦さんに「??顔」されてました。
きっと腹筋回復のための私への応援歌といたみいりました、はい。

体重減少は戻らぬ子宮の重みのみとわれに言い聞かせしっかり食べつつも維持する所存でごじゃります!ぷふふ~♪

投稿: 恭子 | 2009年9月18日 (金) 10:57

手術されたんですね。
経過が順調なようで何よりです。
娘さんがしっかり手を握ってくれたそうですね。心強かったですね。
天気清和なる津軽からご快方を祈っております。

投稿: ジュピター | 2009年9月20日 (日) 22:55

ジュピターさん、こんにちは

手術、無事に終わり今は家で療養中です。
来週月曜日から仕事復帰できそうです。
今はまだ体力が落ちてしまって疲れやすくなっているので
無理せず少しずつ身体を戻してゆきます。
娘はいつも傍にいてくれて心強い存在です。

津軽の短い秋を満喫してくださいね。

ありがとうございました・・・

投稿: 恭子 | 2009年9月21日 (月) 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病床より:

« 秋うらら | トップページ | 入院生活最後の夜に »