« my百人一首 | トップページ | 秋うらら »

俳句「春夏秋冬」

ここ数日は朝夕の風が肌に冷たく感じるほどに秋がひたひたと

浸透して参りましたね。

今日は「ハイクブログ」というサイトにあげた俳句2,248句のうちの20句を

ブログにまとめておきたいと思っております。

ハイクブログは2005年6月より参加しておりその年の秋ごろから

livedoorへ管理が移り、というよりも現在は不法地帯の如きサイトに

なっています。が、今は荒らしらしい荒らしもおらずとても穏やかな

場となっていて大変居心地が良いのであります。

今年の1月に俳句の師である方に2008年に詠んだ1,000句の中から

11句を選んでいただきブログで紹介させていただきました。

http://bonjour-pooh.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-65cc.html

が、今回は自選した20句を紹介させていただきます。

ハイクブログに当時管理者がいた頃に採用していただいた自作の短冊に

乗せた句で大変カラフルなため、目がしばしばするかと思いますが

どうぞご覧くださいませ!

ちなみに短冊につけたお題は花、鳥、風、月、茶、雨、入道雲、猫、雪うさぎ

だったかな・・・。

PhotoPhotoPhoto_2Photo_4

Photo_3 Photo_5 Photo_6 Photo_7  Photo_9  Photo_8Photo_10Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19 Photo_20

|

« my百人一首 | トップページ | 秋うらら »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

恭子さんとは4年のお付き合いになるんですね・・・

わたしもトータルしたら2000句くらい詠んだけど、ほとんどを削除してしまって・・・
今から思えば残しておけば良かったかなとも思ってます。

どの句にも季節を見つめる恭子さんの優しさが感じられて情景が目に浮かぶようです。

花の雨、青蛙、山眠るの句が特に好きです♪

投稿: 詩月めぐ | 2009年9月 5日 (土) 22:39

めぐちゃん、こんばんは!

そうだね、ネットで4年の付き合いって
もしかしたらすごく長いんじゃないかな?
って思う。縁の不思議を感じるよね!

めぐちゃんの句や歌が一瞬で消えた時の哀しみは
もう味わいたくないな。揺るぎなくいつもそこにいてほしい。大切な心たちはそっと取っておいてね!

めぐちゃんが選んでくれた三句を今、自分でも読み返してみた。
これを詠んだ時の五感がよみがえってくる。

投稿: 恭子 | 2009年9月 5日 (土) 23:35

恭子さま。ブログにははじめまして、ですね。千紘です。
お身体の具合はいかがですか?お大事になさってください。いつも素敵な贈歌をありがとうございます。私の拙い歌のお返事が恭子さまの素敵なお歌なのは、気が引けます。これからも仲良くして頂けると嬉しいです。
明日は入院されてしまうんですか?友人曰く、神様はその人に乗り越えられない試練は与えないそうですので。また元気な恭子さまにお目にかかれると嬉しいです。
くれぐれも御身、お大事になさってくださいね。

投稿: 千紘 | 2009年9月 6日 (日) 17:20

千紘さん、こんばんは

複数のページを訪ねて下さり感激です。
贈歌機能は確かに素敵だなとは思いますが、
コメント字数が限られていて難しいですね。
歌がうまく出来上がるまで返事することもできず・・。

千紘さんとは思えば東娘さん、白女さんたちの
歌会を機に知り合うことができたから
共鳴の歌に拍手もたくさん送りたい気分ですね。こちらこそこれからも子育ての良い相談相手になってくださいね。

乗り越えられない試練は与えない・・
そうですね、きっと元気に戻ってきますからね。
戻ったら生まれ変わった私の歌を乞うご期待!

千紘さん、また訪ねて下さいね!

投稿: 恭子 | 2009年9月 6日 (日) 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳句「春夏秋冬」:

« my百人一首 | トップページ | 秋うらら »