« 秋の夜 | トップページ | 俳句「春夏秋冬」 »

my百人一首

今年の5月から「うたのわ」という短歌のサイトに参加し、勉強したこともなく

能もないまま浮かんだままの歌をただ詠みたいように詠んでいる。

そこに集う歌人さんたちは現在登録人数626人、登録のみを除いても513人の方が

日々最高五首を生み出している。誰でもいつでも参加可能で無料で利用できる。

携帯電話からも簡単に見ることもUPすることも可能。 

やまとうた有り、現代短歌ありで大変自由でかつ美しいサイト。

事務局の方のご努力で常に進化しているのです。

今日はうたのわのコマーシャルではなくて、大好きな歌人さんのその中でも最も

好きな歌を独断と偏見にて選ばせて頂き、披露させていただこうとそんな風に

思っております。

夕べある歌人さんが秋の夜にはうたのわ歌人の百人一首を、との歌を詠んで

いましたので(わたしにとっての百人一首は・・・)とひとりひとりの歌を拝見している

うちにブログにて紹介させて頂きたいと思い立ち掲載させて頂くことにいたしました。

とはいえいきなり百人分は無理ですのでまずはマイベスト11歌人さんの歌を!

 

浅草大将さん

人知れず命限りとひた燃えて誰をしのぶの谷の蛍火  

平成二十一年六月二十一日

 

(ことばがき)澗底蛍火

(ひとこと)藤河百首題詠。澗=谷。
・・・ことばがきが美しく、ひとこと欄の説明もプロっぽく憧れの歌人さん。
  いってみればこの方の歌に惚れこんで参加を決めたといっても過言ではなく。

 

 

村上喬さん

いつの間に朝を迎えた手の中に置き忘れていた歌が握られ  

平成二十一年八月二十八日

 

(ことばがき)いつの間にか

(ひとこと)携帯握ってました。

・・・気取りのないまっすぐな言葉の中に柔らかなお人柄を感じます。 

選ぶ言葉が好きです。 

人気の歌人No.1は不動のもの。おそらくぶっち切ってるでしょう。

 

 

詩月めぐちゃん

ぽつんと落ちてじゅうっと消えた線香花火とわたしの涙  

平成二十一年七月二十三日

 

(ことばがき)線香花火

(ひとこと)
・・・つぶやきみたいにこぼれる歌のひとつひとつがとっても素直で抱きしめたくなる。

もう何年来の付き合いでしょう?入院中はリブリの方、ひとつよろしゅう

お頼もうします。

 

 

紫苑さん

飾り窓に差し込める陽は我が肌にシャガールブルーの飛沫を授く

平成二十一年八月二十九日

 

・・・洗練された言葉の数々。とってもシャープでカッコイイ歌がいっぱい!

おそらくものすごく博識なお方。

 

葉月きらら☆さん

気がつけば貴方の歌を探してる恋する手前まだ淡き想い  

平成二十一年八月二十四日

・・・いつもキラキラ恋してて素直な言葉にハッとさせられる。 

すべての漢字にルビふる几帳面さがいいですね。

 

あまのじゃくでもいいじゃない!まっすぐ生きてる貴女が大好き。 

 

四季野 遊さん

ひとときの君の御胸で見る夢は朧月夜の哀しみに似て

平成二十一年四月三日 

 

・・・こんなしっとりとした歌が美しいです。こころにじんわり浸透する歌がいっぱいです。

 

虹雲さん

縁あらず別れし人を想ふときつゆ草の青澄みて静けし

平成二十一年七月五日

・・・読んだ瞬間に五感が動き出すような生き生きとした歌がいっぱい。

特にこの歌には心打たれました。

 

falconさん

ベランダにシャツ干す女が手を止めて眺むるかなた虹うすれゆく  

平成二十一年七月九日 

(ことばがき)虹

(ひとこと)通りすがりに見た風景。ただそれだけのこと。

      梅雨、早く明けるといいな。

・・・この歌を散歩の時、虹を見た時、ふとした時に何度くちずさんだかわかりません。

「ひとこと」もさりげなくていいですね。

 

粕春大君さん

天つ雁しばし待たなむ杯にやをらあらはる山の端の月

平成二十年十一月十四日

(ことばがき)月を詠める

(ひとこと)まあ、一杯やりましょ。

・・・プロの歌人さんのようなうたばかりで見とれてしまいます。

「ひとこと」にしっとりとした落ち着きや人間味を感じます。

ひとたび詠めば拍手喝采!憧れです・・・

 

萩の局さん

君戀ふる泪に朽ちし我が袖を見せばやせめて命あるまに

平成二十一年五月二十二日

(ことばがき)やつるる

(ひとこと)こんな恋愛、してみたいような、したくないような・・・・。

・・・歌の美しさと気取りのない「ひとこと」に惚れます!

歌とひとこととのギャップに何度大笑いしたことでしょう。

実に多くの大和言葉を巧みに使いこなされるお方。

 

白女さん

泣いている君は反省してるハズ ここで待つからあやまっといで

平成二十一年七月五日

・・・白女さんのこの歌は大きくなった我が子と話し合うときなどに

自分に言い聞かせている歌です。「待つ」こと、大事ですね。

白女さんみたいな先生ばっかりだったらなぁ・・・と。

 

 

みなさん、私のわがままに快いお返事を下さりありがとうございました。

おかげで本当に大好きな歌人さんの一番好きな歌をこんな風に

自分の大切な場所で紹介させて頂くことができました。

美しき歌は絵画にも勝りますね。

 

華やげる画廊の如き我がブログ馨しき香ぞ零るる朝

|

« 秋の夜 | トップページ | 俳句「春夏秋冬」 »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

恭子さま、ご紹介いただきありがとうございました。
一介の主婦の身に余るお言葉は汗顔ものです。
それぞれの歌人さま、お歌を切り取った目線に恭子さまらしさを感じます。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 紫苑 | 2009年8月29日 (土) 22:13

はじめまして

 「うたのわ」でお世話になっている村上です。いつも恭子さんの格調高い歌を読ませていただき感謝しております。
 この度は拙作を取り上げ、紹介していただきありがとうございます。おっしゃる通り何の意匠もなく寝ぼけ眼で詠んだ歌です。僕は携帯で詠むことが多く、時々こんな状況にも・・・(汗)
 これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 村上 喬 | 2009年8月30日 (日) 10:42

紫苑さん、こんにちは

早速のご訪問&コメント有難うございます。
私の大好きな言葉の一つに

「われ以外みなわが師なり」

がありますが、歌も同じく詠む方の選ぶ言葉や
心とめるものなどに刺激を受け自分の中へと
取り込み攪拌しつつ自分が変化してゆくのだと思っています。
そんな意味で紫苑さんの歌は憧れでありかつ
私を変えてくれるかけがえのない歌であります。
これからも素敵な歌をいっぱい生みだして下さいね!

投稿: 恭子 | 2009年8月30日 (日) 11:20

村上喬さん、こんにちは

ようこそおいでくださいました。
格調高いは私の歌のこと??といった感じですね。
私は歌を見て頂いてお分かりの通り、
短歌初心者ですべての方が憧れです。
自分がまだどのスタイルで行こうとかいった領域にすら達しておらず
手当たり次第読みあさり、真似して詠んではいるものの一向に見えて
くるものがありません。
とはいえまだ歩きだしたばかり。
みなさんの背中を遠くみつめながらとぼとぼと行きます。

投稿: 恭子 | 2009年8月30日 (日) 11:26

恭子さんこの度はこうした形で紹介をしていただき本当にありがとうございました。

なるほど「my百人一首」とは考えましたね♪
とても面白い企画だと思います。

そしてコメントを読ませて頂くことで、色んな歌人さんの素顔に近づけた気がして親近感も沸きました。

あまのじゃくは治らず・・・
でも自分にはまっすぐに生きていきたいです♪

投稿: 葉月きらら | 2009年8月30日 (日) 11:56

葉月きらら☆さん、こんにちは

訪問ありがとう!
やってみてよかった!!
うたのわのお気に入りとはまた違って
ちょっとしたギャラリーでしょ?
百人一首第二弾や秋の歌などまた
お願いすることがあるかもしれません。
その時はよろしくね♪

投稿: 恭子 | 2009年8月30日 (日) 13:31

こんにちわ、恭子さま。
拙作の中から「好き」な歌を選んで戴き有難うございます。
他の方々のお名前を見ると、自分の名前が連なっていることに
冷や汗をかく思いです。
初心者(いつまでたっても)ですし、過ちも多く、よちよち歩きの状態で、
たまにコケますが、でも、これを励みに頑張っちゃう!!!
(/_;)←と言いつつこんな顔。
何故って〔折句〕に失敗作を投稿しちゃたのぉぉぉ、あれ、どうやったって取り消せないしぃぃぃ.....ああ、また赤っ恥をかくんだわ、あたし。

投稿: おはぎ | 2009年8月30日 (日) 17:06

おはぎさま!←カワイイこんばんは

ようこそいらっしゃいました!
実はこんな風に大好きな歌人さんたちに
訪ねて頂いてコメントやり取りなんかを
何よりうれしく思っています。
歌を詠む人たちの生き生きとした言葉こそが
嬉しいですね。
やっぱりはぎさまのコメントはチャーミング。

私も折句歌会ではと~んでもない失敗をし、
削除したくて投票日に消えてなくなりたい思いです。
はぎさまの失敗ってなんでしょう・・・
私はあまりに初歩的なミスで誰にも言えません。
公開とともに削除しちゃうしかないです(恥

投稿: 恭子 | 2009年8月30日 (日) 19:27

恭子さん、私の拙い歌を紹介してくださりありがとうございました。

恭子さんが選んでくださった歌は自分でも気に入ってる歌だったので、
とても嬉しいです♪

字余りや字足らずなひとりごとしか詠めなくて、わたしの心の変化、
いつも恭子さんにはバレバレですよね?

温かい恭子さんにいつも感謝しています。

恭子さんの自然や季節を優しく見つめる歌が好きです。
これからもたくさん素敵な歌を詠んでくださいね。

投稿: 詩月めぐ | 2009年8月30日 (日) 20:31

めぐちゃん、こんばんは

携帯電話からこのブログ記事はとても見にくいもので
コメントも苦労したことと思いますが、
改行なども完璧でPCで見ても全く違和感なしですよ。
ありがとう!

めぐちゃんの歌も本当は選び切れないほど
良い歌が多くて迷ったんだけどこの歌に
しました。
めぐちゃんらしさ満載だもんね!

めぐちゃん、改めてお願いですが、
リブリのこと息子にお世話を頼んであるんだけど
忘れちゃうかもしれないので時々覗いてやって
くれますか?
どうぞよろしくお願いします。
近くなったらまたメールするね~♪

投稿: 恭子 | 2009年8月30日 (日) 23:34

お久しぶりです。
拙作を取り上げていただき光栄の極みです。しかも作った本人が一瞬思い出せなかったような、だいぶ前の作を…。憶えていてくださったのだとしたら、まことにありがたいことです。

御作はいつも感銘をもって拝読しております。歌を始めて間がないというのは、にわかには信じがたいですね。たいした技量だと感心しています。

投稿: 浅草大将 | 2009年8月31日 (月) 00:20

浅草大将さん、こんばんは

私は元々俳句を数年自己流でやっていて
どうしても「季語」や「切れ字」を短歌にも
取り入れてしまいどうも落ち着きのないものに
なってしまっている始末です。歌も少しずつ
みなさんより盗んだりしながら前へ進んで
行けたら・・と思っております。

俳句では芭蕉さまを時を超えて愛し、大好きな句は
空で云えいつでもくちずさんでおります。
歌も同じく好きな歌は本人よりもおそらく
多く口ずさんでいるでしょう!

これからも貴方さまを師と仰ぎつつ・・・

投稿: 恭子 | 2009年8月31日 (月) 01:08

恭子さま。おはようございます。ブログにははじめまして、ですね。千紘です。お身体の具合はいかがですか?手術をされるとか。くれぐれもお大事になさってくださいね。
また恭子さまの素敵なお歌を詠ませて頂きたいです。私は帝王切開で息子を生んだんですが、術後は体力が落ちました。恭子さまもくれぐれも御身お大事になさってください。

投稿: 千紘 | 2009年9月 6日 (日) 09:19

千紘さん、こんばんは

ブログを訪ねて下さり光栄です!
体調は相変わらずです。
いよいよ明後日・・家のことや入院準備は
できたし、あとはその時を待つばかり。
こうなったら入院生活のじっとしていなくちゃならない時間を有効に使おうと今はなにやらワクワク感までも抱いていますよ。

手術で体力落ちちゃいます?年も年なので無理せず徐々に回復させたいと思っています。

ご心配おかけしてごめんね。
行ってきますね!

投稿: 恭子 | 2009年9月 6日 (日) 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: my百人一首:

« 秋の夜 | トップページ | 俳句「春夏秋冬」 »