« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の投稿

my百人一首

今年の5月から「うたのわ」という短歌のサイトに参加し、勉強したこともなく

能もないまま浮かんだままの歌をただ詠みたいように詠んでいる。

そこに集う歌人さんたちは現在登録人数626人、登録のみを除いても513人の方が

日々最高五首を生み出している。誰でもいつでも参加可能で無料で利用できる。

携帯電話からも簡単に見ることもUPすることも可能。 

やまとうた有り、現代短歌ありで大変自由でかつ美しいサイト。

事務局の方のご努力で常に進化しているのです。

今日はうたのわのコマーシャルではなくて、大好きな歌人さんのその中でも最も

好きな歌を独断と偏見にて選ばせて頂き、披露させていただこうとそんな風に

思っております。

夕べある歌人さんが秋の夜にはうたのわ歌人の百人一首を、との歌を詠んで

いましたので(わたしにとっての百人一首は・・・)とひとりひとりの歌を拝見している

うちにブログにて紹介させて頂きたいと思い立ち掲載させて頂くことにいたしました。

とはいえいきなり百人分は無理ですのでまずはマイベスト11歌人さんの歌を!

 

浅草大将さん

人知れず命限りとひた燃えて誰をしのぶの谷の蛍火  

平成二十一年六月二十一日

 

(ことばがき)澗底蛍火

(ひとこと)藤河百首題詠。澗=谷。
・・・ことばがきが美しく、ひとこと欄の説明もプロっぽく憧れの歌人さん。
  いってみればこの方の歌に惚れこんで参加を決めたといっても過言ではなく。

 

 

村上喬さん

いつの間に朝を迎えた手の中に置き忘れていた歌が握られ  

平成二十一年八月二十八日

 

(ことばがき)いつの間にか

(ひとこと)携帯握ってました。

・・・気取りのないまっすぐな言葉の中に柔らかなお人柄を感じます。 

選ぶ言葉が好きです。 

人気の歌人No.1は不動のもの。おそらくぶっち切ってるでしょう。

 

 

詩月めぐちゃん

ぽつんと落ちてじゅうっと消えた線香花火とわたしの涙  

平成二十一年七月二十三日

 

(ことばがき)線香花火

(ひとこと)
・・・つぶやきみたいにこぼれる歌のひとつひとつがとっても素直で抱きしめたくなる。

もう何年来の付き合いでしょう?入院中はリブリの方、ひとつよろしゅう

お頼もうします。

 

 

紫苑さん

飾り窓に差し込める陽は我が肌にシャガールブルーの飛沫を授く

平成二十一年八月二十九日

 

・・・洗練された言葉の数々。とってもシャープでカッコイイ歌がいっぱい!

おそらくものすごく博識なお方。

 

葉月きらら☆さん

気がつけば貴方の歌を探してる恋する手前まだ淡き想い  

平成二十一年八月二十四日

・・・いつもキラキラ恋してて素直な言葉にハッとさせられる。 

すべての漢字にルビふる几帳面さがいいですね。

 

あまのじゃくでもいいじゃない!まっすぐ生きてる貴女が大好き。 

 

四季野 遊さん

ひとときの君の御胸で見る夢は朧月夜の哀しみに似て

平成二十一年四月三日 

 

・・・こんなしっとりとした歌が美しいです。こころにじんわり浸透する歌がいっぱいです。

 

虹雲さん

縁あらず別れし人を想ふときつゆ草の青澄みて静けし

平成二十一年七月五日

・・・読んだ瞬間に五感が動き出すような生き生きとした歌がいっぱい。

特にこの歌には心打たれました。

 

falconさん

ベランダにシャツ干す女が手を止めて眺むるかなた虹うすれゆく  

平成二十一年七月九日 

(ことばがき)虹

(ひとこと)通りすがりに見た風景。ただそれだけのこと。

      梅雨、早く明けるといいな。

・・・この歌を散歩の時、虹を見た時、ふとした時に何度くちずさんだかわかりません。

「ひとこと」もさりげなくていいですね。

 

粕春大君さん

天つ雁しばし待たなむ杯にやをらあらはる山の端の月

平成二十年十一月十四日

(ことばがき)月を詠める

(ひとこと)まあ、一杯やりましょ。

・・・プロの歌人さんのようなうたばかりで見とれてしまいます。

「ひとこと」にしっとりとした落ち着きや人間味を感じます。

ひとたび詠めば拍手喝采!憧れです・・・

 

萩の局さん

君戀ふる泪に朽ちし我が袖を見せばやせめて命あるまに

平成二十一年五月二十二日

(ことばがき)やつるる

(ひとこと)こんな恋愛、してみたいような、したくないような・・・・。

・・・歌の美しさと気取りのない「ひとこと」に惚れます!

歌とひとこととのギャップに何度大笑いしたことでしょう。

実に多くの大和言葉を巧みに使いこなされるお方。

 

白女さん

泣いている君は反省してるハズ ここで待つからあやまっといで

平成二十一年七月五日

・・・白女さんのこの歌は大きくなった我が子と話し合うときなどに

自分に言い聞かせている歌です。「待つ」こと、大事ですね。

白女さんみたいな先生ばっかりだったらなぁ・・・と。

 

 

みなさん、私のわがままに快いお返事を下さりありがとうございました。

おかげで本当に大好きな歌人さんの一番好きな歌をこんな風に

自分の大切な場所で紹介させて頂くことができました。

美しき歌は絵画にも勝りますね。

 

華やげる画廊の如き我がブログ馨しき香ぞ零るる朝

| | コメント (14) | トラックバック (0)

秋の夜

秋の夜の 心ほどけぬ やはらかさ

 

なんだかありきたりな句・・・

20日の新月から日一日と月は姿を現し

おとついや夕べの月は薄暮の西にほんのり淡く

白く浮かんでやわらかに微笑んでいた。

朝夕の風はさわやかで風呂あがりの肌は汗もすーっと引く。

まだ鳴き始めたばかりの虫の音もまだどこかぎこちなく

静かでおのおのひとりぼっちなようです。

寝室の北窓をそっと開けると待っていたかのように

窓辺にやってきて私のためだけに囁くように歌ってくれた。

 

そんなすべてがやわらかく、心にすーっと溶け込む秋の夜半

大好きな秋・・・ 

 

帰ったら適当な写真にこの句を載せてみようかな・・・

(って、またサボりかぃ?・・・そうだよ)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RI

心臓核医検査(RI=ラジオアイソトープ)行ってきました!

結果から先に・・・

狭心症の疑いは消えました!

 

覚え書きとして・・・・・

数年前から胸に締め付けの発作が起きるようになり、ずっと放置していたんだけど

子宮筋腫の定期検診時に医師に相談してから循環器科を受診するよう言われ、

狭心症の疑いということでニトロを常備する身となった。

発作は半年に一度ほどの頻度で就寝時、デスクワークで手隙の時など安静時に

限って起こり、いつも大体右胸の決まった箇所に締め付け感があり段々と強くなり

ピーク時は呼吸困難になる。大概は30分ほどで徐々に治まりその都度症状が

悪化するというわけでもなかったため放置していた。狭心症は発作時に心電図を

とるとその波形から直ぐにそれと診断ができるらしいがなにせ発作が起きるのは

主に就寝時。そのため発作時にニトロを舌下に含むことで発作がすぐに治まれば

狭心症だろうということでニトロを処方されていた。けれども幸か不幸かまだ処方後

一度も発作が起きていないため確定できないでいた。

1年9カ月前から運動不足が気になって始めたウォーキングで7kg体重を落として

からは発作がおこらなくなったような気もする。もしや太りすぎの発作だったのかな?

それでも再発が心配で手術を決めかねていた婦人科&麻酔科の医師から

循環器科を受診し詳しい検査をするよう言われ今日のRI検査をすることになった。

 

RIとはラジオアイソトープといって放射線を血管に投与し私の場合、心臓に放射線が

取り込まれた時にシンチカメラで運動直後とその3時間後の各30分間心臓の伸縮や

血流の状態を撮影するというもの。

運動というのはルームランナーのちょっと頑丈な感じの上を一定時間ごとにベルト

コンベアの速度を速めながら血圧と心電図をとり、全力で走っている状態のところへ

放射線を血管投与する。

「自分の限界の90%まできたらストップをかけてくださいね」

と説明を受けるが、心の中では(走り切ってみせる!)などと意味のわからない

ヤル気でメラメラ燃えていた。走るのは元々好きじゃないくせに何故か100%

最後まで走り切る自信があった。

検査を担当した方もビックリするほど息も乱さず最後まで走り切った私は絶対に

心臓疾患はあり得ないと確信した!医師からも

「こういう検査をすると日常的に運動をしているかどうかではっきりと差が出る」

と言われ、今日まで根気よくウォーキングを続けた自分をちょっと誇らしく思った。

案の定、結果は

「心臓に特に問題はなさそうだから、予定通り手術をする方向で再度婦人科

受診して最終的に決定しましょうか」

とのことだった。今後もし発作が起きた時には常備のニトロを含むように・・・と。

ということで当初の予定通り、9月に手術を受けることとなりました。

すべて完了したのが17:30。今朝は9:30頃に家を出たままだったので

そういう意味では今日一日が長過ぎてくたびれたけど、なんだかすっきりした!

あとは手術に向けてもうちょっとお腹の脂肪を落としておこうかな・・・と。

切るにも縫い合わせるにも楽になるように、ねッ♪ 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Pearlmoon_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐんじょうのそらにしんじゅのつきすずし

くもにときのまかくれてはみゆ

 

ちょっと前に詠んだ夏の月の歌です。

適当な写真のストックがなかったので描きました。

といってもお絵かきソフトなので描くというほどでもなく・・

単純に群青色で背景を一瞬で塗りつぶし、黒で拙き山を、

やわらかな白で筆の太さを大きめに設定して点で月を描きました。

そこに縦書きで歌を挿入いたしましたとさ。

 

以下、大変ぶっちゃけトークなのでありますが、自分史の一ページとして

記しておきますので途中で気分の悪くなった方は右上の×を

クリックしてださいね。

12歳に初潮を迎えてからかれこれウン十年の付き合いだった月の日の

最終回を迎えた。(すでにぶっちゃけ)

あれは大変面倒なもので用が済んだらすぐにでもなくなってほしいと思うもの。

今回の手術は子宮全摘なのでその面倒なことから解放されるという喜びもある。

しかしながらいざこれが最後かと思うと感慨深いものもある。

子宮を取ってしまった人はきっとみんなこんな思いなんだろうな・・・などと思う。

私の場合月々狂うことなくおでましになったものだったので、なければそれは

妊娠を意味し大変喜ばしいものだった。そして産後数カ月で再開したあかつきには

次なる家族計画について軽く話すきっかけにもなったもの。

流産(一度流れたかも?)も中絶もなく三人の子宝に恵まれ三回とも自然分娩

だった子宮になぜ筋腫ができたのかはわからない。

一説には子離れしきれない人はかかりやすいとか??なるほど・・かも。

今、子宮筋腫になる方の割合が随分高いそうでそう珍しいものでもなく、

閉経してしまえば自然と無くなってしまうものなので悪さをしない限りは

温存するのが普通。私もそのつもりだった。開腹手術は癒着が怖いし。

しかしながら数ヶ月前から内膜症も併発したため突然出血がひどく貧血が

ひどくなり始めた。

子宮は鶏卵一個分の大きさで恥骨のうしろに収まっているのが普通で

私の場合、ひとつの筋腫が7cmで2個あるため、おへそあたりまでの大きさに

なっているためいつもその存在感があり頻尿、便秘、腰痛がどんどんひどく

なっている。子宮の状態はひざ下に出ると言われるけど確かに向う脛の辺りに

何やらボコボコしたものが出ている。そんなものもすべて子宮を取ってしまえば

さぞすっきり感があるんだろうなという未知の楽しみもある。

反面先日の日記にも書いたけど子宮は三人の子供たちが最初に命を宿した

神聖なる場所でもあり(おおげさ?)できることなら切りたくない思いもどこかに

ある。そんな願いが通じたかどうか心臓にも問題を抱える私は全身麻酔に

耐えられるかの検査もあれこれ、明日もほぼ一日かけての検査がある。

その結果次第では手術は見送り、心臓の治療に切り替えることになる。

どっちが良いのか・・・わからない。これが最後の月の日になるかどうかも

実は明日の夕方に結果が分かる。

時期を同じくして実父の癌がみつかり、実弟もまた人間ドックで要再検

とのことで心配は尽きず自分のことはどうでもよく感じてしまう。

先日帰省した娘もずいぶん心配して京都の鈴虫寺でお札を貰ってきたと

手渡してくれた。現実主義な子なのでちょっとびっくり!想いを強く感じた。

鈴虫寺のお札というのはそれを貰った人が自分の願い事を一つ、

鈴虫寺の方角を向いて唱えるとわらじを履いたお地蔵さんが家まで来てくれて

その願いを叶えてくれるというものらしい。有り難く使わせてもらいましょう!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕化粧

最近、夕方の散歩道にショッキング・ピンクの花が咲いている。

「夕化粧」といって真っ黒な種の中に真っ白な粉が入っていて

昔の人はそれを白粉(おしろい)に使っていたとか・・・

その花は愛用の携帯電話付属のカメラでは色が飛んでしまうほど

鮮やかな色で薄暮の野辺には人目を引く。

またそれ以上に香りが強く、花を揉んで手首などに擦り付ければ

ちょっとした香水代わりになったのではないかと思われる。

夏の終わりの道端に灯るように咲く夕化粧・・・

昔の人はよくぞ名づけたもの。

Dvc00030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*薄暮れの野辺に紅さす夕化粧

*夕化粧 薄暮の野辺に灯るやうに

          色香放ちて誰を誘はむ

 

似たような感じでしたね・・・お粗末さまでした。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海地震発生?

今朝5:07に駿河湾沖を震源とした地震が起きた。

眼が覚めた時にはすでに夫は寝室のタンスを両手でしっかりと押さえていた。

私は為す術もなく20~30秒、揺れの治まるのをただ待っていた。

家族はおのずと居間に集合し、互いの無事を確認した。

長男は部屋のドアが開かず蹴り開けたとのことだった。

他は物が落ちるというようなこともなくさっきまで上空を飛んでいた

ヘリコプターも今は何処へやら。

滋賀に住む娘のところも揺れ、震度3とのことだったがTVで静岡が

震度6と聞いて慌てて電話をしたけど誰にも繋がらず不安だったと

後で聞いた。メールには支障がなかったのかすんなり・・・

お盆の帰省がいよいよという時になって新幹線も不通、東名高速も

崖崩れで当分不通とのこと。大変な被害が場所によっては起きてたんだと

TVで知った。

一番怖いのは東海地震との関係だけどどうやらそれとはまた別物らしい。

この地震の13分前にもインド洋でもっと大きな地震が発生しているとのこと、

地球規模で心配といったところ・・・

 

震度1の余震が一度だけありましたがその後の揺れはありません。

みなさんからご心配のメールをいただきありがとうございました。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

八月に思う

Dvc00009_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の夕空は見事というほど美しく(肉眼で見たらもっと)

息子も友達と一緒に空の写真を携帯電話に収めたといって

見せてくれて夕べは写真を競い合ったほどでした。

 

64年前、6日に広島、9日に長崎に原爆が投下され

「閃光に次いで物体の破壊音と共に砂ぼこりを巻き上げ

夕やみのようになった」らしい。

「この砂ぼこりは「黒ぼこり」ともいわれるように瞬間燃焼の

黒い灰のほか、紙片、布切れなどさまざまな微軽量物も

含まれていた」という。

爆撃直後の空からは黒い雨が降ったと教科書でもTVでの報道でも

何度となく見た。

 

戦争の悲惨さを伝える多くの記事や書物、映画などがあるが

「暗い」「過去のこと」と片付けることなく八月ということを

きっかけにして家族とともに触れ、ひとことふたことでも

戦争についてを語ることが大切ではないか・・・

などと考える。

環境問題でも何でも同じことだけど、身近なこと、

自分のできることを話し合い、小さな想いを決して

無にしないことが大事なのだろう。いつかきっと大きなパワーになる。 

 

この空を守れるのはひとりひとりのちいさな心なのだろう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

記録~ 子宮筋腫

今日はくたびれた。

でも忘れないよう書き記しておこうかな。

 

朝から夫とともに受診し手術説明を受けた。

手術で起こり得るすべてのマイナス面の説明が主で、同意書に

サインさせることが目的、といったところかな。当然といえば当然。

 

夫は仕事へと行き、一人残された私は麻酔科受診。

麻酔の際に起こりうるまたもやマイナス面の説明と同意書サイン。

心の狭い病気も持病とする私は平常時の心電図と階段を上り下り

した後の心電図もとられた。もしかしたら麻酔から永遠に覚めなかったりして

な~んてことも過ったりして、朝から疲れたなぁ・・・

 

そのあと再度婦人科へ戻り、なが~い入院説明。

入院時に欲しいものを売店で買って急いで家に戻り、お昼御飯を

掻き込んで会社へ! たまった仕事をわ~~っとこなし、しばし

歌などあげたりしてちょっとサボってみたり、保険会社に入院給付金の

申請書類の送付依頼などしてみたり(ってほとんど仕事してないじゃん?)

 

夜は学校の会合があったので犬の散歩も夕飯の支度も大急ぎ!

食べる間もなく会合へ。

長いような短いような一日・・・・・・・あぁ、くたびれた。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セルフ・レジ

最近イオン系のお店に行くと「セルフ・レジ」なるものが導入されていて

買い物が済むと自分でレジ打ちをするよう勧められる。

機械はあまり好きじゃないんだけど好奇心は旺盛なので

浜松方面のJuscoで一度体験してみた。ただ機械にバーコードを

通し、マイバッグに詰めていけば良いと簡単に考えて挑戦してみると

これがそんなに簡単なものじゃなく、バーコードをなかなか読み取って

くれなくて後ろに並んでいる人と目が合ったりすると余計に慌てて

もう二度とセルフ・レジなんてやらないぞ!と思っていた。

けれども昨日地元のJuscoにもそれが導入されニコニコ顔の

お姉さんに勧められたのでついついセルフ・レジコーナーへと

足を運んでしまっていた。しまった・・また後ろに並んでる人に

睨まれるのがオチだよぉ~、と心で嘆きながらも渋々やってみた。

するとどうでしょう!機械というものは日々進歩しているのですね。

サクサク~っとバーコードを読み取るじゃありませんか!

早い、早い!!レジ打ちのお姉さんの長い列に並ばず再度挑戦

してみてよかったなぁ、などと思ったものでした。 

 

ところで長かった梅雨も今日ついに明けたらしい。

朝夕はすでに秋の風情だけど、これで本格的な夏到来かな?

海の家の方たちも忙しくなってくるでしょうね。

そして今週金曜日だったか7日には立秋を迎える。

短い夏、みなさんはどんな計画立てられてますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »