« 熱い夏 | トップページ | さりげなく・・・ »

雨は蕭蕭と降つてゐる

ただまっすぐにあたりを真っ白に染め上げ  

雨はしょうしょうと降っている。  

「しょうしょうと降る雨」という表現を知ったのは  

小学6年の国語の教科書にあった一編の詩だった。 

とても大好きな言葉として私の中の雨を表す言葉の一つとして 

ずっと残っていた。あの詩は誰の詩だったのだろうか・・・  

なんでも検索するくせに今までそんな疑問をなぜか 持ち続けていた。 

今、まさにしょうしょうとした雨が降る中

ついに知ってしまった!    

 

大 阿 蘇     三好 達治   

雨の中に、馬がたつてゐる  

一頭二頭仔馬をまじへた馬の群れが  

雨の中にたつてゐる   

雨は蕭蕭と降つてゐる   

馬は草を食べてゐる   

尻尾も背中も鬣(たてがみ)も  

ぐつしよりと濡れそぼつて   

彼らは草をたべてゐる   

草をたべてゐる   

あるものはまた草もたべずに  

きよとんとしてうなじを垂れてたつてゐる   

雨は降つてゐる 蕭蕭と降つてゐる   

山は煙をあげてゐる   

中岳の頂きから うすら黄ろい 重つ苦しい噴煙が 

濛濛(もうもう)とあがつてゐる   

空いちめんの雨雲と   

やがてそれはけぢめもなしにつづいてゐる   

馬は草をたべてゐる   

艸千里浜のとある丘の   

雨に洗はれた青草を 彼らはいつしんにたべてゐる   

たべてゐる   

彼らはそこにみんな静かにたつてゐる   

ぐつしよりと雨に濡れて  

いつまでもひとつところに 彼らは静かに集つてゐる   

もしも百年が この一瞬の間にたつたとしても  

何の不思議もないだらう   

雨が降つてゐる 雨が降つてゐる   

雨は蕭蕭と降つてゐる 

 

・・・・・要するにいいたいことは

今日も暇なのである。 

 

|

« 熱い夏 | トップページ | さりげなく・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨は蕭蕭と降つてゐる:

« 熱い夏 | トップページ | さりげなく・・・ »