« 五月来る | トップページ | 二人静 »

夏立ちぬ

Dvc00013_3 Mikan_2

GWも終盤の立夏の今日は一服のそぼ降る雨の日となった。

13:34の電車で娘はふたたび就活の厳しい現実の中へ

戻っていった・・・

まだ先の見えない道をゆく小さき背中を心でそっと押して祈る。

どうか一筋の光を見出せますように・・・

|

« 五月来る | トップページ | 二人静 »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
恭子さんのブログも文学的な
香を放ってきてますね。
素敵です。
短歌もいいですね。
私もその内チャレンジしてみます(笑)

お嬢さんの奮闘、必ずやいい結果を
運ぶ事と思いますよ。

投稿: 藤紫 | 2009年5月 5日 (火) 22:16

藤紫さん、こんばんは

お互い大人の女性の香を放ってますかね・・
目指すは柑橘系の香でありますが。
間違っても加齢臭だけは放たぬよう
気をつけます、ハイ。

短歌もいいですね~。
といってもここ数日始めたばかりではありますが。
詩心を養おうとチャレンジし始めました。
ぜひご一緒に・・・

娘は駅に向かう車の中で現実へと戻ってゆく
ことへの微かな拒みを眉間に表しながら
それでも自分の足でまた向かっていきました。
遠い空から応援していようと思います。

投稿: 恭子 | 2009年5月 5日 (火) 23:53

恭子さんこんばんは

娘さんの就活、親としては切なく辛いでね。

この時節自分の道を苦労して探し、

幾度も挑戦して、世の中を見ることは、

ご本人の為に必ずや将来の為になることを

そして最も暗く寂しい時が、暁に近いことを

娘さんの為に信じましょう。

必ずや良き日が来る事でしょう。

投稿: 海の子 | 2009年5月 6日 (水) 19:44

海の子さん、こんばんは

ありがとうございます。
そうですよね、何事も経験。
若いうちの苦労は買ってでもしろといいますし。
きっと本人の為になるでしょうね。
卑屈にだけはならないよう言葉かけを
してやりたいと思っています。
暗く厚い雲間から一筋の光が見える・・
そんな日がやがて訪れるように祈っています。

縁のある場所や人とは必ず出会うようになってる。
今はその道の途中だから思い悩むことはないよ。
と駅に送る道で話しました。
娘の心に届いたのかどうかわかりませんが・・・。

投稿: 恭子 | 2009年5月 6日 (水) 21:02

恭子さん、大丈夫ですか?
何か有ったのでしょうか?
・・・元気にしていますよね?

投稿: 藤紫 | 2009年5月10日 (日) 22:29

藤紫さん、こんばんは

何だか大変ご心配をおかけしてしまっているようで
申し訳ありません。
実はここのところ大変忙しく、土日びっちり
予定が詰まっていて準備から何からでバタバタ
していました。
いたってバリバリ元気でありますので
ご心配なく~♪

時間ができたらまたブログ更新します!
ハイクブログに入らないのは今、短歌に
夢中なの・・・ということでお許しを。

投稿: 恭子 | 2009年5月10日 (日) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏立ちぬ:

« 五月来る | トップページ | 二人静 »