« 春の畑 | トップページ | 八重山吹 »

待宵草

Dvc00001  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄暮れの 路傍に灯る 待宵草

 

朝晩はまだ肌寒いけど日中は夏日の遠州は

半袖で過ごす日が増え、夏の草花がちらほら・・・

あと半月もすれば立夏。そろそろ春もゆく雰囲気。

 

ここのところお昼休みは会社の女の子たちと一緒に歩いている。

まだ4月だというのに紫外線指数は80~90とか。

UVケアも怠らないように・・・

|

« 春の畑 | トップページ | 八重山吹 »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

月見草の写真が綺麗ですね。

遠州はやはり暖かですね。

昔、現役時代の野村さんが(楽天監督)自身

を月見草に例え、長嶋さんを向日葵に例えて

語ったことを、ふと思い出しましたが、

「待宵草」風情がありますね。

句も又いいですね。

投稿: 海の子 | 2009年4月16日 (木) 13:49

海の子さん、こんばんは

昨日の遠州は28度ありました。
もう夏はすぐそこといった感じがしますね。

月見草と向日葵ですか。
石に例えてみればムーンストーンとサンストーンですかね。
相反しているように見えて実はとっても相性がいい・・・

この花は宵待草、月見草、待宵草といろいろに
呼ばれているようですが薄暮に灯るように
咲くその姿はやはり「宵待草」ですね。
でも調べてみれば大待宵草というんですね。
思わず竹久夢二の「宵待草」を口ずさんでしまいます。

句、お褒め頂き光栄です!

投稿: 恭子 | 2009年4月17日 (金) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待宵草:

« 春の畑 | トップページ | 八重山吹 »