« 菜花雨 | トップページ | 雪柳 »

朧月夜

昨日久しぶりに晴れたというのに、今日はまた一日中雨だった。

夕方には上がり薄らと夕焼けも見え、母を実家へ送る車の中からは

星も見えた。

 

昨日は父が数年ぶりの手術を受けた。

今でこそ悠々自適で川柳三昧の父はその昔、熱血仕事人だった。

私が中学入学の頃、父は残業続きでタバコとコーヒー漬けの毎日だった。

その結果、胃潰瘍になり手術を受け胃の3分の2を摘出した。

私が車の免許を取ったばかりの頃にも会社で重いものを持って

椎間板ヘルニアになり手術を受け、1ヶ月ほど入院した。

昨年秋口に犬の散歩のときに腰を傷め、三度目の入院をし、

腰の神経根ブロック注射を数回受けた。

それでもあまり痛みが取れなかったので今回再びの手術を受けた。

胃の時は37歳、一度目の椎間板ヘルニアの時は44歳、

いずれも若かったし私自身も医療の知識が全くなかったため

手術といわれれば黙って受けるしかなかった。

けれども今回の手術で父は71歳という高齢となっていることや

看護助手時代に勉強したり耳にした情報から麻酔自体に大きな

恐怖感があり、蘇生しなかったら・・・・・という心配が心の中に強くあった。

 

昨日は仕事を休み、母を連れて病院に行った。

前日の晩から絶食だったためか多少力が抜けたようではあったけど

父は冗談を言ったり、笑ったりしながら手術までの時を普段どおり過ごした。

いよいよ手術という時になり、看護婦さんがベッドごと運んでいく廊下で

父は珍しく

「なんだか緊張してきたな」

と力なく呟いた。私は心の中にある恐怖感や心配を飲み込んで

「すぐ終わるから、大丈夫だよ・・・・・待ってるからね」

と手を握ってエレベータまで母と見送った。

ベッドのなくなったガランとした部屋で母とふたり、長いような短かいような

何を話したのか、どう過ごしたのか記憶も薄い時間を過ごした。

何度時計を見ながら過ごしただろうか・・・

やがて予定通りの時刻に父のベッドは戻ってきた。

全身麻酔だった父はまだ朦朧とした状態で酸素マスクをずらしながら

「ただいま~」

と、おどけて見せ途切れ途切れに一生懸命私たちに無事を伝えようとしていた。

酸素マスク、血圧測定、点滴、血栓予防のAVインパルス、尿カテーテルなどの

たくさんのものが取り付けられて拘束状態の父は左右の足の指を動かして見せ、

私たちを安心させた。

いつもどおりの明るく気丈な父に、却って母と私が力をもらっていた。

今日もまだ術後熱や傷の痛みは残るものの、食事も完食したと

嬉しそうに伝えてくれてホッと一息だった。

今は個室の父は一人ぼっちが嫌いなので早く大部屋へ移りたいと言っている。

大勢の人の中やにぎやかな場所が大好きな父・・・

きっと大部屋に移れば、私たちが訪問しても気づかないほど

同室の人と楽しくおしゃべりすることでしょう!

退院の頃には天気も安定し、リハビリに外を歩くのに最適なころと

なることでしょう。ゆっくりよくなってくれればいいからね・・・

母を家に送って帰る信号待ちのとき、朧月が見えた。

|

« 菜花雨 | トップページ | 雪柳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お父様の手術、無事に終わってよかったですね・・
術後の経過も良いようで恭子さんも安心されたでしょう。。
これから益々回復されることお祈りします。

投稿: しゅう | 2009年3月 7日 (土) 00:11

恭子さんがお父上のことを書くのを初めて読んだ気がいたします。

淡々と小説を読んでるかのような文章がかえって、自分の親子のような感覚になって引きずり込まれていきました。

無事に手術が終了して良かったですね。
あとは順調な回復を待つばかりですね。

投稿: ジュピター | 2009年3月 7日 (土) 00:42

こんにちは、遅ればせながら、お父様のお見

舞い申し上げます。

 朧月 産安吹ひて 祈りけり   緑風

小生も、これから病院へ定期便です。

あせらずゆっくりですね。

投稿: 緑風 | 2009年3月 7日 (土) 11:01

お父様の手術が無事に終わり、良かったです。
心配させないようにしてる気遣いが嬉しいですね。
お大事にして下さ~い。

投稿: あのだっち | 2009年3月 7日 (土) 15:01

恭子さんこんばんは

お父様の手術ご無事の終え良かったです

ね。緊迫感とご家族の心の絆、

思いやりの伝わる感動的なエッセイですね。

お元気に歩くようになれるお父様の喜びの

顔が見えるようです。

投稿: 海の子 | 2009年3月 7日 (土) 20:39

しゅうちゃん、こんばんは

ご心配おかけしました。
術後の熱も下がり、食欲もあるので
点滴も取れたんですが、今ひとつ元気がないようです。
傷の痛みと腿の痛みが相変わらずだからかもしれませんが
何せまだ術後二日。ゆっくり焦らず前向きに
と応援していますよ。

いつもありがとう!

投稿: 恭子 | 2009年3月 7日 (土) 21:12

ジュピターさん、こんばんは

そうですね、父のことをじっくり書いたことはなかったですね。
実家の父のことなので元気でいてくれれば
話題に上がることもなかったかもしれませんね。
今のところ、順調な回復だと思いますが、
なにせ普段はすこぶる元気な人なので
病院にいること自体が辛いのかもしれません。
春爛漫の中、元気に退院するまで励まします!

投稿: 恭子 | 2009年3月 7日 (土) 21:15

緑風さん、こんばんは

緑風さんもお父様のお見舞いなど本当に
大変な毎日ですね。
私の父は予定では2週間の入院なので
それまでは先生や看護婦さんの言うことをよく聞いて
地道に治して欲しいものだと思っています。

緑風さんのお父様の一日も早い回復、お祈りいたします。

いつも本当にありがとうございます。

投稿: 恭子 | 2009年3月 7日 (土) 21:18

あのだっちさん、こんばんは

今日の東海地方はまさに「春」の
腕まくりの日でしたね!

ありがとうございます。
父の気丈さや優しさにこちらが元気をもらっている状態なので
しっかり父を励まし少しずつ元気になっていって欲しいものと
願っています。

mixi、賑わっていますね!
もうすぐ25000アクセスとのこと・・・
大人気ですね♪
私はの~んびりでいきますね!

投稿: 恭子 | 2009年3月 7日 (土) 21:21

海の子さん、こんばんは

今日もまだ歩行は無理ということで
父もちょっと元気がないようでした。
でも快方に向かっていることは確かなので
いつもの元気を取り戻して欲しいものです。

何だか皆さんに心配をさせてしまった記事でした・・
次回は明るく楽しく脱力的な日記で行きたいと思いま~す!

投稿: 恭子 | 2009年3月 7日 (土) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朧月夜:

« 菜花雨 | トップページ | 雪柳 »