« 春の雪 | トップページ | 春の嵐 »

春の闇

なみだ落ち さざ波立ちぬ 春の闇     恭子 

 

 

 

|

« 春の雪 | トップページ | 春の嵐 »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

春の闇・・・しっとりとしてなんだか切なくなる句ですね。

投稿: めぐた | 2009年2月20日 (金) 00:17

めぐちゃん、こんばんは

なかなか暖かな日に戻らないここ数日。

おちゃらけな私でもこんな句を詠むことも
あるよ~、的なアピール・・・ふふ♪

投稿: 恭子 | 2009年2月20日 (金) 00:21

(v^ー゜)ヤッタネ!!こんばんは、何はとも

あれ二千句達成おめでとう御座います。

     出 逢 ひ 
 ふとした 思いがけない 出逢ひ  
 ふとした あなたの 素敵な声
 ふとした あなたの 目線 
 ふとした 忘れる事の無い 日々
 ふとした かきとめる 五行詩

     名は体を表す

 そんな折 心に響く 君の名の

 そんな折 心に残る 言の葉の

 そんな折 形に残る 佳句の名の

 そんな折 名は体を 表すもの 

     人  生

 押さば 引け 引かば押せ

 押さば 斜めに 引かば廻れ

 たった 一度の 人生 ならばこそ

 人生 笑ふが 勝ちと 吾は言ふ

 初め詠む 五行の詩や 五行歌
 

投稿: 緑風 | 2009年2月20日 (金) 20:14

緑風さん、こんばんは

ありがとうございます!
やっと句があがりました。
ある方の「詠もうとしければ詠めない」
の言葉にそうだな・・と思い、紙とペンを
手に歩いたり、立ち止まったり、空を見上げたり・・・
風を感じ、鳥の歌に耳を傾け、
過去を見つめてみたり、未来へ思いを馳せたり。
今日はまた
「今の句のままで通過点を・・」
とのお言葉をくださった方も。
肩の力がスーッと抜け、何だかとっても楽しく詠めました。
今夜もまた数句あげようかな、と思っています。

緑風さんの春のような恋の五行歌、いいですね。
「人生」の詩は重みがありますね。
これからも五行歌、作ってくださいね。

投稿: 恭子 | 2009年2月20日 (金) 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の闇:

« 春の雪 | トップページ | 春の嵐 »