« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の投稿

なごり雪

・・・といっても雪は降っていません。

って数日前にも書いたかな? ふふ♪

なんでも今日は東京も雪が降っているらしい。

遠州はさほど寒くないのでここのところの長雨の

暗い空を見上げても落ちてくるのはただ静かな雨ばかり・・

一週間良く降ったなぁ。週末には嘘のように晴れて庭を洗濯物で飾らなくっちゃ!

もうきっと遠州には降ることのない雪を詠んでみたい。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雨上がり

雨上がりの道は やわらかな薄日に 少しずつ乾いてゆく

まだ ところどころに 水たまりが残る

そんなときの独特の匂いがある

土の匂いなのか 水の匂いなのか

立ちのぼる 見えないものたちの 匂いなのか・・・

適度な湿度のせいか すべてのものが落ち着いていて

鳥たちも おだやかに歌う

まだ淡い木漏れ日は どことなく戸惑い気味で

幻のよう・・・

 

・・・などと、 花粉を避けて散歩を中止した手持ち無沙汰な 

お昼休みであります。一句、行ってみましょ♪

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の雨

・・・というお題で数句詠んでみた。

本当によく降る雨だ。

藤紫さんは「春の寒」をお客さんっていってたなぁ。

「春の雨」もそう思えば もてなしの心、湧くかもね。

遠州の茶でも お出ししよか・・・。ふふ♪

 

しかしこんなお天気が続いても花粉症の症状は

却ってひどくって・・つらい。一体どうなってんの??

 

ばあばちゃん(義母)は今日から ひ孫の雛祭りのお祝いのため

お泊りで出かけた。とっても嬉しそうに・・・♪

 

こんな日は花の写真も撮れなくて、なんだかつまんない。

週末のお天気はどうかな。

 

また、とりとめもなく・・・・・・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

花粉の嵐

おとついから昨日にかけての冷たい雨。

そして今日は突き抜ける青空の良いお天気。

こんな日には決まって花粉の飛散が「非常に多い」。

杉の花が一気に開花する・・ということは素人にも良くわかる。

こんな日には「くうちゃん(愛犬)」に謝りながら籠もるに限る。

しかしゴミだし、洗濯物干しなど最低限の外出はやむをえない。

できるだけ表にいる時間を短縮すべく、頭は最大限に働く~♪

いつもは散歩がてらのゴミ出しをこの距離で?と言われようが

車で行っちゃう(地球よ、ゴメン)

洗濯機の終了のブザーが鳴ったら いつもは絡み合ったままの

洗濯物をカゴに移してそのまま外へ持っていくところ、

こういう日には洗濯機から一枚一枚取り出しパタッパタッと広げて

物干し竿にサッと掛けられるような形に軽く畳んでおく。

すべてをカゴに移したらサッと外へ出て、猛スピードで干しまくる!!

遠州の空っ風に 空高く洗濯物を巻き上げられないよう、しっかり

ポールピンチで止めて、止めて、止めまくる!!!忙しい、忙しい。

早くしないと・・・・・。命がけっていうほど早く干す。

急いで家に駆け込み、顔を洗って、流水に目をしばしばさせて、

ちょっと痛いけど鼻の中も洗っちゃう感じ。手のひらに水を受けて

その水を鼻から吸うの・・・ん?考えただけで痛い?そうだね・・

そして医者でもらった点眼、点鼻薬を ポトリ、ポトリ、シュッ、シュッ・・・。

次に玄関の開け閉めで家の中に入ってきちゃった花粉たちを

吸い込むために 家の中を 掃除、掃除!!!

さてと、あとは籠もるだけ~♪

Dvc00011 

 

それでも庭の福寿草に心奪われ

写真などを撮ってみたり・・・

 

 

 

Dvc00019  

 

春嵐に雲はすべて飛ばされ

高く突き抜ける青い空にも

危険だけれど深呼吸などしてみたり

(実はしない、しない) 

 

 

Dvc00005  

数日前の春夕焼け

目に映る夕焼けはあまりに綺麗で

信号待ちの車の中から思わず・・・

 

 

Dvc00006噂のケンミンショーとか言う番組で

以前から気になっていた「味覇(ウェイパァ)」

基本的には中華だしで 炒飯、ラーメン、

中華メニュー全般によく合うと聞いて購入。

 

 

Dvc00007早速八宝菜に入れてみた。

いつものものよりプロっぽくなって

家族もみんな大満足!

白菜、たまねぎ、ニラ、にんじん、しいたけ、

たけのこ、海老、いか、豚肉、うずらの卵・・・

おや?十宝菜じゃない??ま、いっか・・ 

 

いろんなものに入れてみよ~っと。楽しみ、楽しみ!

 

またとりとめのない籠もり魔日記でありました・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の嵐

昨日からの雨が残り、朝から厚い雲が空を覆いつくし

しとしとしと、と降り続いた。

雨は昼すぎまで降り続き、新しい木の芽たちには冷たく辛い日だったね。

 

お昼休みの散歩はやめて、事務所に籠もり、昨日詠みためて

推敲中だった句をあげたりして過ごしてみた。

 

午後三時を回った頃、雨は止み、風ばかりが強く吹き、

濡れたアスファルトはみるみるうちに乾いていった。

道の隅に吹きだまっていた、濡れた枯れ葉もいつの間にか

風に飛ばされ どこぞへか消え去っていた。

 

やがて雲は捌けゆき、その間から薄日が覗いた。

なんだか忙しくめまぐるしいお天気だった。

 

今もまだ風は吹き荒び、古窓をガタガタ震わせている。

窓が割れそう、木が折れる、家が飛ぶ・・・

春炬燵にあたり 家族が仲良しになる、春の嵐。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の闇

なみだ落ち さざ波立ちぬ 春の闇     恭子 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の雪

・・・といっても雪は降りませんでした。

だけどこんなに寒いなら せめて舞い落ちたりはしないかな、なんて。

願いもちょっぴり。

 

今日は生まれて初めて裁判所というところに行った。

去年の12月くらいから派遣社員の住まいとして借りていたアパートを

次々に返却する仕事に毎日毎日追われている。

契約時に不動産会社などに預けていた敷金を全額返還してもらうための

交渉と、その話し合いが平行線のままの物件の訴訟のため・・・

派遣切りにあってしまってはアパートを抱えているわけにも行かず

やむなくアパートを手放すことになり、敷金精算の際のクリーニング代、

リフォーム代云々で敷金は返済どころか更に不足分の追加金を

請求される。一件や二件ではないため半端でない金額となる。

その請求額を少しでも減らしてもらえるよう、PCで敷金全額返済のための

手段をPCから入手。国土交通省の賃貸借契約のガイドラインの勉強や

少額訴訟や調停の勉強、何度も何度もの交渉、裁判所への申し立て。

元々人と言い争うことは本意ではないんだけど・・・

それにこんなに頑張ったところでいつかは私も切られる運命。

じゃ、どうしてこんなに頑張ってるの??

自分でも良くわかんないや・・・

きっと目新しい事にはとりあえず何でも興味を示してみるって感じかなのかなぁ。

昨日は仕事から帰って

「明日裁判所に行くことになっちゃった・・・・」

と家族の前で呟いたら、みな口々に

「なんでッ!!?」と。

訳を話したら 物静かな夫が一言、

「なんでも勉強だと思って・・」と。

なるほど~~。その一言で裁判所に行くこと自体が何だか

楽しみにさえなった夕べでした。

 

ま、行ってみればどこにでもある普通のオフィスといった感じ。

説明も案外丁寧で事務的というほどサバサバしてもいなくて

どちらかといえばあったかい??感じ。

しかし、やはりそこは裁判所。飛び交う言葉はいかにも物々しい。

 

だいたい浜松に行くこと自体、随分久しぶり。

電車に乗るのも・・切符買うのもドキドキ。

言ってみれば 時刻表見ることからなんかウキウキ!?

切符の自動販売機、券売機だっけ?の前で、袋井-浜松間の

往復料金を探してたら、突然女性が近づいてきて

「ちょっとごめんなさいね」

と。思わず小心者の私は券売機の列を譲ろうとしたy。

「ゴミ、ついてましたよ」

と、背中のゴミを取ってくれた。あは、あはは・・・焦。 

    

   

たまには会社を抜け出して、こんな日もいいな。

やっぱり勉強にもなったし、都会の空気というものもなかなか良いもの。

いつも事務所で過ごしてる格好で浜松まで行っちゃったから

だいぶ寒かったけど、ビルの間に見える街の空にも

雪はなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

陽春

Dvc00002 麗らかな春の日・・・

一週間前にはまだなかった野の花たちが 

いつの間にか咲き始めていた。

いかにも水温む川にはめだからしき 

小さな魚たちが川面にちいさな波紋を浮かべ 

私に挨拶してくれていた・・のかなぁ?ふふ♪ 

 

義母ととなりのタミさんと散歩道の途中で出合い、3人+一匹で

しばらく一緒に花の話などしながら歩いた。

Dvc00023 

久野城址も白梅が満開で桃の花もちらほらと 

ほころび始め、福寿草もあちこちで煌く黄色の 

花びらで私たちの目を楽しませてくれた。

その陰では寒い頃、唯一目を楽しませてくれた

寒椿が残りの花を茶色に染めてそっと静かに 

厚い緑の葉の中に身を隠していた。  

 

また来年ね・・・・・ありがとう。  

 

Dvc00004_3可愛らしいピンクの花・・・桃。 

もうすぐ桃の節句。 

ちゃんと時季を知って咲くんだね。

我が家にもお雛様と言うものはあるはずだけど

娘が中学生の頃から一度もお目にかかった 

ことはない。目鼻口のあるものは年に一度は 

 

必ず出さねばならない、と聞いたことはあるけど・・・ 罰当たりだ。  

 

Dvc00007れんげ草・・・

この花を見ると長男の小さかった頃を思い出す。

れんげ畑にダイビングし、両手でガバっと

れんげを毟り取り、私に差し出し、

「かあさん!あげる!!」

と言ったこと・・・ふふ。可愛かったあの頃。 

 

Dvc00022_2   

菜の花を見ても思い出すことがある。

昔、長男を出産して数日振りに家に帰って

気になってた冷蔵庫の野菜室の中を覗くと

菜の花が黄色く、今を盛りと咲いてたこと・・

菜の花とは菜の野菜全般の花の総称。

見事だった。  

 

 

Dvc00026 

 

庭の花たちも次々に春の花咲き乱れ・・・

 

 

 

 

 Dvc00028

 

 

これは背の低い花木・・・

義母に名前を訊いたら、ど忘れしちゃった、と。 

 

 

 

 

末っ子は昨日に続き、カノジョとデート。

「夜部活」とウソまでついて・・・。帰ったら注意してやんなくちゃ!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

春一番

夕べの嵐はまるで台風のようだった。

すべてのものを攫ってゆくかのように強く吹く風。

すべてのものを洗い流すかのように激しく降る雨。

裏庭に空き缶でもあったか転がる音がして嵐の一音を担っていた。

おそらく春一番だったのだろう。真夜中に開けた窓からは冴えという

言葉を忘れさせるような温い風が吹き込んだ。

 

今は風も幾分穏やかになり、雨雲が残るも薄日も差して

杉の花の萌ゆるさまが小憎らしいほど感じ取れる。

今日散歩に出ることは半ば自殺行為・・・

こうして書いている間にも何度くしゃみをしたことか。

目は涙で溢れ、鼻はむずむず、鼻声甚だしく、

「なにぬねの」などは「だ・でぃ・どぅ・で・ど」

「まみむめも」は「ばびぶべぼ」・・・

ちょっと色っぽく感じるとか感じないとか?

 

二男のバスケの早朝練習のため、朝早くから送り迎えした今朝。

ラジオからは鼻炎とは無縁と言ったさわやかなアナウンサーの声。

「あなたが最初にあげたチョコ、もらったチョコのエピソードなど

お聞かせくださいね」

なんて・・・。そっか、バレンタインデーだね。

最初にバレンタインデーという行事を利用して恋心を打ち明けたのは

小学校3年生の頃かな・・・当時、埼玉県川越市に住んでいて、

国道16号線を挟んだ向こう側に住む「ほ」の字の男の子の家に

不二家のハートチョコレート(当時50円だったかなぁ)をドキドキしながら

渡しに行った。

261_1  

←今でもあるんだね・・84円だって。

大して値上げはしてないんだね。

これ小学生にはあげてももらっても

結構手ごろだよね・・大きさも。 

 

そんなほのかな想い出を思い起こさせてくれるラジオからの呼びかけだった。

今、隣で携帯に取り込んだ音楽を聴きながら時折誰かとメールをやり取りしている

二男にもきっとときめきの日なんだろうな・・・なんてことを思いながら。

「かあさんの今日の予定は??」

と今、訊かれた。私が家にいると不都合なのか、何なんだ~!?

なんなら出かけてあげてもいいけど・・・

ふふ、青春だね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒戻る

今夜は久しぶりに寒いと思う夜となり、

暖房などを使ってみる。

寒いのは体だけではないのかもしれない。

心もなんだか寒いなぁ・・・

いよいよわが身も寒空へ放り出されるときが近づいてきた。

私の会社は今一番厳しいと言われる派遣社員を

各企業へと送り込む人材派遣会社なのであります。

去年秋ごろから大手企業に大幅に切られ、今派遣社員自体が

いなくなっている状態。自ずと正社員である私たちの身も切られる運命が

近づいていると言うことなのです。

明日は地元の求人情報誌が更新される日。毎週木曜日なのです・・

久しぶりにそれをあてにお店に行ってみようかな・・

寒い、寒い・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりとめもなく~春の章

Dvc00001私の大好きな遠州のお茶

とても美しいさみどりのお茶でありましょう?

カテキンがいかにもたっぷりという感じ。

カテキンには殺菌、消臭効果があります。

このお茶でうがいをすればインフルだって 

怖くない!

 

このお茶は去年の新茶の頃にお茶農家の友達から買った荒茶。

荒茶とは茎の部分なども混ざったお茶。

遠州のお茶は玉露でなくとも荒茶でも大変美味しいのです。   

 

Dvc00002 会社のデスクに置いてある緑・・・

季節には関係なくどんどん伸びる。

上へ上へと伸びていく茎は丁度良い長さで切り、

空きのある部分の土に挿すとすぐにつく。

この生命力にはいつも感心する。

仕事に疲れるとじっと見つめて話しかけると、

緑に癒され、生命の力に浄化される気がする。

その前には大好きな天然石を置いている。小さなミスをしたとき、

人の言葉に傷ついたときなどは、ふと手を止めて水晶を握り、目を閉じる。

何も考えずただそうしているだけで心の中のくさくさしたものはスーッと

融けてなくなる。 

Dvc00005  

 

昨日、息子のバスケの試合を見に行った。

試合中タイムアウトし作戦会議中。

みなの真剣なまなざしに惹かれる。  

 

 

 

Dvc00006 

昨日のお昼に実家へ寄ってお昼を 

ご馳走になった。

父の作った豆の煮物は薄味だけど味がしみて

とっても美味しかった。ご馳走様でした。 

 

 

 

Dvc00009 

散歩道に何やらピンクの小さな花がたくさん。

近づいてみれば春の七草の一つ、 

仏の座だった。

これだけたくさんさいているとなんだか 

うきうき♪ 

 

 

 

 Dvc00012 

去年の10/26に万歩計を買って、 

しばらくはブログに歩数を書きに来ていたけど

今はこうしてカレンダーに記している。

これからは日脚もぐんぐん伸びてくるから

歩数も伸びるかな・・・

 

愛する長男の写真は掲載期間終了となりました。

あしからず・・・ 

 

ここのところの月は本当に綺麗。

明日は満月。春立ち、最初の満月ですね。

月の句のリレーが楽しみです! 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

淡き月

先日私の車を車検に出した。

中古で購入してからちょうど10年、15万km走り続けている。

末っ子が幼稚園の頃に買って、子供たちの送り迎えに大勢乗せ、

バスケの試合会場までの子供たちや道具類の送り迎え、

通学自転車のパンクの際などに今でも重宝している車。

反面、通勤や買い物には小回りが利かず、燃費も一桁という悪さ・・・

セールスの方が車検の見積もりと一緒に私が兼ねてから話していた

軽自動車の見積書もカタログと共に持ってきてくれた。

そういう具体的なものを見せられちゃうと心から欲しくなってしまう私。

だけど現実を考えると大学生が二人・・・これから高校受験も控えている

二男も公立でないとすればお金がかかる。

小さくため息をついてあと二年乗ろうと決め、車検をしてもらうことにした。

代車としてお借りした車は日産の軽自動車MOCO(白)。

欲しいな、と思っていたカタログの車・・・。

小回り抜群で燃費もいかにもよさそう。それにきっと税金なんかも安いだろうし

保険も安くなるんだろうな・・・維持費を考えると思い切って買い換えた方が

良かったのかなぁ?なんてことを思う。

私が軽自動車とはいえ、新車に変える夢を一時抱いたことで、ちょうど一年先に

車検を控えた夫の車を買い替えようかなぁ・・なんて言い出した。

そ、そ、そんな~!私は諦めたのに・・・?私の車はあと何年乗らなくちゃいけない

のかな? ま、いっか・・・

 

ここのところの月は淡く、咲き初めの花のようなやわらかな光。

家に入っても心に余韻の残る 月の光・・・

 

今日もバスケの大会を見に行ってきた。

接戦のまま試合は進み、ついに同点で終わった。ルールは2分間の延長戦。

サドンデスではなく、2分間闘い続けなくてはならない。

延長戦が始まってすぐ息子がボールを奪い、速攻でボールを運び、

シュートを決め先制点を挙げた。気をよくしたみなの動きは抜群。

勝ちが見えた気がした。しかし焦る相手チームは反則ギリギリの体当たりで

迫ってくる。負けるものかとみな必死の形相。

応援の父母たちもみな声がひっくり返って応援!

力は互角なのであとはどちらのチームにより持久力があるかだけ。

何が起ころうとも最後まで諦めない力。

お互い5ファールのため、ファールのたびにフリースローとなる。

チームプレーとはいえ、フリースローは個人戦。自分との闘い。

プレッシャーを跳ね除け、いかに集中できるかのみ。

そこで外すか決めるかで勝敗は決まるといえる。

最後の数秒というところで相手のフリースローで得点があり、

それからの数秒、ボールを持って速攻するも得点ならず息子たちは1点に泣いた。

それぞれがタオルで顔を隠しながらずっと泣いていた。

これからにこの悔しさをどう生かすか・・・そこが楽しみなところ。

帰宅してから2階へ上がり、そのまま熟睡する息子。

今、起き出して来てTVでフィギュアスケートを観ている。

今、彼はどんな気持ちなのかな・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

節分

節分・・・・・季節を分ける日・・だよね。

ってことは、春と夏、夏と秋、秋と冬の間にだってこの日はあるのかなぁ?

今まで考えてみたことはなかったけど、文字から行くときっとあるんだろう。

ってことは「節分」で句をあげようと思ったけどやめよう~。   

 

Dvc00005かの有名なベージュの豆、大豆が

豆まき用の豆としてメジャーだけど、

なんでも黒豆を撒くと家計が黒字になると

教えていただいたので

「こりゃ、黒にせねば!」 

と、暮れにお隣のキクさんから頂いた黒豆を

炒っててみた!

パチパチと良い音がして、香ばしい匂いが部屋一杯に広がり

撒く前に鬼は退散したに違いない!ので撒かずにみんなで食べた。 

「今日ラジオで『歳の数+1で食べるのは厄年だけ』って言ってたぞ」

「父さんは大変だね~。豆だけで満腹じゃん」

「ばあばはもっと大変だらぁ~」

・・・豆ひとつでこんなに盛り上がれる日なんてすごいよね~!ふふ・・

 

薄曇りの今日、明日は立春というのにすこぶる寒さだった。

空を見上げると雲が真っ白で日は薄白く、小雪が舞いそうなそんな日だった。   

 

会社の女の子がバナナケーキを焼いてきてくれてお昼休みに頂いた。

なんでもバナナをつぶして、ホットケーキミックスに混ぜて炊飯器に

セットするだけ!と聞いて早速やってみた。

Dvc00007  

 

 

簡単で美味しくて、これはGood~♪

 

 

 

混ぜるだけ、切って和えるだけ・・・そんなのいいね。

手抜き大好きな私にぜひこんなレシピをい~っぱい教えてくださいね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

待春

Dvc00006  

 

 

陽を抱き 陽に抱かれて 福寿草

                 恭 子

 

 

福寿草は「新年」の季語かな・・・。でもこの写真は昨日の散歩道で撮ったもの。

福寿草は極めて「和」テイストな花なのになんとなく花びらの質感はプラスチック調。

寒さにやられないよう、強い花びらなんだろうな・・・

 

Dvc00010 

またも黄色い花・・・

これはなんていう名前なんだろう?

こちらは薄い花びら・・・

 

 

 

Dvc00002  

 

白梅のほころび・・・

まんまるな蕾が愛おしく、

頬ずりしたくなるほどに可愛い。 

 

 

  Dvc00024 

今年は一日早く恵方巻きをこしらえた。

昨日、免許更新のため一時帰省した娘。

明日はバイトが夕方からあるそうで、 

朝早く滋賀へ戻ってしまうというので、

節分には一日早いけどこしらえた。  

 Dvc00022

  

具は七福ということで七つ。

桜でんぶ、かにかまぼこ、きゅうり、干ししいたけ、

かんぴょう、卵、ほうれん草

 

 

 

時計とにらめっこで 定時きっかりに仕事を終え、家に帰ってから

お米をかして昆布とお酒をちょっぴり入れて炊き、酢飯にした。

その傍らでかんぴょうとしいたけを甘辛く炊く。ご飯が炊き上がったら

今度は卵焼き・・・。その合間を見てきゅうりを切ったり、ほうれん草を茹でたり

忙しい、忙しい・・・。でも楽しい~♪

Dvc00023 

あとは巻き巻きするだけ~♪

「私のはカニカマ入れないでね」

「僕は ピンクのいらないで~」

と、勝手気ままな注文を一手に受け、

まだほかほかな太巻き寿司は次々と・・・

 

  

 Dvc00028

 

極めつけは

「父さん(夫)は つまみにするで切ってくれ」

・・・恵方巻きじゃなくなっちゃうじゃーん。 

いつもこうなんだから。ま~、いっかぁ。 

 

娘は就職活動真っ只中。うまく行くようにと、ちゃんと今年の恵方の

東北東を向いて黙々と一本完食していた。二本めまでもに手を伸ばしいたけど。

そんなこんなで 我が家の一日早い節分は暮れてゆきました。チャンチャン♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »