« 寒の鳥 | トップページ | 充実した一日 »

寒の月

5日に寒に入り、今日はこの冬一番の冷え込みとなった。

今朝は0℃だったので もしかして風と陽の動き次第では

夕方あたり小雪が舞い落ちてくるかな・・・

なんてちょっと楽しみでもあったけどやはり遠州に雪は来なかった。

ハイクブログ、mixiの北国の友のところではきっと深い雪になっているんだろうな・・・

こちらは今夜も真っ白な、まっすぐな月の光が心に届いている。

この月をどう詠んだら良いのだろうか・・・

こんなもどかしさもまた良いもの。

 

昨日は娘の21歳の誕生日だった。

Dvc00005_m 3人の育児日記などを引っ張り出して

読み返してみた。おなかの中の様子から

生まれたその日のこと、一日一日の成長、

3ヶ月、6ヶ月、1歳、3歳、幼稚園時代・・・

私にしか書けない言葉で、わが子だからこその

溢れ出す愛の日記。ん~、懐かしい。

手のかかる時期だったけど 今思えば楽しかったし、 

 

できることなら ここからもう一度やり直したいなぁ、などと想う。 

夕飯の片づけをしていたらいつの間にか私の席に二男が座って

青の日記(二男専用)を読んでいた。

(ふふ・・・自分の赤ちゃんの頃に興味があるんだなぁ)

また気がつくと今度は「黄色の日記」を長男が・・・

片付けが済んで席に座ると長男が いつもになくご機嫌だった。

間もなく2階へ上がっていってしまった長男が 一体どの辺を読んで

ご機嫌になったのかな? と気になって、開いていたページに目をやると

「ずっと会いたかったよ!つい抱きしめちゃうけど、つぶれちゃいそうに

ちっちゃくて愛おしい・・・」

と書いてあった。ここ、読んだのかな? と、ニヤける私。

まっすぐに自分だけを愛して欲しいと きっと18の君も思っているんだろうな、

昨日はそんなことを想う良い節目の日となったような気がする。

 

 

|

« 寒の鳥 | トップページ | 充実した一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵。私も恭子さんのようなお母さんになりたいと思っているのに…現実は3人目の育児日記3日で終わった母の子(T_T) 続いていません…。 ブログやmixiで書いている事を文字にして娘に残してあげなくちゃ!って思いました(^^)
娘さん21歳おめでとうございます!

投稿: ぷっち | 2009年1月13日 (火) 18:57

ぷっちちゃん、こんばんは
ありがとう!
そうだね、ブログやmixiの日記だと消えちゃう
危険もあるからやっぱりぷっちちゃんの文字で
残しといた方がいいかもね。
そっかぷっちママも3人目が途中かぁ。。。
じ、実は二男の3歳と幼稚園時代が
空白のままだったんだよね・・・反省。

娘の誕生日の嬉しい出来事でした~♪

投稿: 恭子 | 2009年1月13日 (火) 20:33

いつの時にも、親の思いは変わらずですよね。
私も、折につけ幼かった我が子の日々を思い出します。
手のかかる頃が、母として一番いい頃のような気がします(笑)

投稿: 藤紫 | 2009年1月13日 (火) 22:45

藤紫さん、もう寝ちゃったでしょうか?
いまだに手のかかる子もいますけどね、ふふ!
授乳中に胸に抱いたわが子を愛おしく思うと
赤ん坊にその想いが信号のように伝わり
脳波に表れるなんていいますが、おそらく
母子は授乳中でなくとも何年経っても
離れていてもそういった科学では証明できえぬ
不思議な何かで繋がっているのだと信じています。
そう信じていたいものですよね!

投稿: 恭子 | 2009年1月13日 (火) 23:24

育児日記ですね。素晴らしい教育だと思いますね。
あぁ自分はこうして親に愛されて大切に育てられたんだ・・という。
世の中の母親、父親がすべて恭子さんのようだったら愛に満ち溢れてる社会になるでしょうね

投稿: ジュピター | 2009年1月13日 (火) 23:34

ジュピターさん、こんばんは
結構育児日記をつけてる人は多いものですよ、ジュピターさん。
私は最初娘を出産したときに医院から
頂いたのがきっかけで、3人に同じものを
つけて成長したときにプレゼントしようかな。
いらなきゃ私の宝物にしよう・・・
くらいな気持ちで書いていました。
21年の時を超え、こうしてページをめくってもらえる
それだけで心の底から嬉しさ込み上げて来ちゃいます!

投稿: 恭子 | 2009年1月13日 (火) 23:43

ほのぼのと良い親子ですね。
こうして育つお子さん達もきっとご両親の
ような親になる事でしょうね。
子供さんの記憶にも長く残る事でしょうね。

投稿: 海の子 | 2009年1月14日 (水) 14:28

海の子さん、こんばんは
実は今まで普通に本棚にありながら
誰もそれを開いてみることはなかったんです。
私自身も何を書いたかをまったく覚えていませんでした。
でもその時にしか書けない大切な想いは
きちんと文字に残しておいて良かったな
と思っています。
もひとつ・・実はタイムカプセルということで
最初に抜けた歯、最初に使った歯ブラシ、
靴、産着など3人のものを段ボール箱に
詰め込んだものを私たちの寝室の天袋に
上げてあります。
子供たちもその存在を知っていて、
それをいつ開けるのか?と折に触れ問われます。
そちらも20年近く手付けずなので私的には
カビカビになってないか?だけが心配です。
ふふ・・楽しみのような怖いような、です。

投稿: 恭子 | 2009年1月14日 (水) 20:33

素晴らしい思い出をお子さんとご自身に
残されているんですね。
母の鏡です。

投稿: 海の子 | 2009年1月14日 (水) 21:02

海の子さん、再度のコメント感激です!
母の鑑とは褒めすぎじゃないですか(嬉)
初めての○○って捨てがたいですよね。
ただそれを一箱に詰め込んだだけのものなんですよ。
でも子供たちもきっと見たいような、見てしまったら
つまんないような、そんな気持ちなのでしょう。
どうしても見たいとまでは言わないのでいつか
みなの意見が一致したときがそのときなのだろうな・・
と思っています。

投稿: 恭子 | 2009年1月14日 (水) 21:35

こんばんは~☆
例の3句スイスイにアップしました。
しかし書くのはスイスイ~とはいかずに、モタモタしてしまいました^^;
苦労して可愛い子は出来るもんですねぇ。^^;

投稿: ジュピター | 2009年1月16日 (金) 20:57

ジュピターさん、こんばんは
ジュピターさんが選んでくださった句は
どの3句でしたっけ・・・?
スイスイを訪ねてみますね!
手のかかった子ほど可愛い・・本当にそうですね。

投稿: 恭子 | 2009年1月16日 (金) 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒の月:

« 寒の鳥 | トップページ | 充実した一日 »