« 聖夜 | トップページ | 生まれ来る子供たちのために »

障子あくれば 薄明り  

しづかに暮れる たそがれに  

をりをりまじる 薄雪は  

錫箔(すゞはく)よりも たよりなし  

ほつれた髪に とりすがり  

わたしの顔を さし覗く  

雪の こころの 寂しさよ  

しづくとなつて 融けてゆく  

雪のこころも さうであらう  

まして、わたしは 何んとすべきぞ  

(与謝野晶子 「雪」 『晶子詩篇全集』) 

 

ちょうど一年前、mixiの日記にも書いた与謝野晶子の詩。  

静岡は滅多に雪が降ることはなく、  

幻想的であり、あこがれであり、  

そんな雪の儚き様を繊細にあらわしたこの詩が大好き・・・  

声に出して、ゆっくりと、この詩を読む。  

そんな寒い 風の強い夜。 

 

Merry Christmas

|

« 聖夜 | トップページ | 生まれ来る子供たちのために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい書はかけましたか?

皆が少しづつ、何かを取り戻そうと

頑張ってる気がします(笑)

私たちも、出て行きましょう♪

何かが有るからこそ、繋がる事の喜びもまた感じられるものだと思いませんか?

元気の発信基地は私達からでいきましょうよ(笑)

投稿: 藤紫 | 2008年12月25日 (木) 22:41

藤紫さん、こんばんは!
そして、そして、Merry Christmas!
書は・・・寒いからやめました。
いつも書いてる場所が今夜は大変冷え込みましたので
冬休みに入ったらじっくり書きます。

そうですか?ではちょっくら覗きに行ってみましょか~?
藤紫さんに誘われるとウキウキしちゃう私です~

投稿: 恭子 | 2008年12月25日 (木) 23:01

雪起こしの雷が鳴ってます。

雪が降る前の強風と、怒っているかのような大きな雷の音、
寒さを通り越した独特の冷たい空気が好きです。

明日はきっと雪吊りの出番ありそうです♪


投稿: めぐた | 2008年12月26日 (金) 00:26

めぐちゃん、こんばんは
「雪起こしの雷」・・・私の知らない世界ですね。
昨日の夜の天気予報で日本海側は雪になると
聞いたときに、すぐにめぐちゃんのことを思いました。
きっと雪になっているだろうな・・・
そんな風に思った今夜でした。
金沢の雪吊りの風景は日本の代表的な美ですね!
一句お願いね♪待ってます。

投稿: 恭子 | 2008年12月26日 (金) 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 聖夜 | トップページ | 生まれ来る子供たちのために »