« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の投稿

残る虫

夕べはなぜか歩数の記録をすっかり忘れていましたね。

この万歩計は 実にいろんな機能が搭載されていて

一週間分のデータが保存されているので大丈夫!

 

昨日のデータは・・・

  歩数:10,073歩  距離:4.53km  時間:85分 

  消費カロリー:397.4kcal   脂肪燃焼:12.0g

 

今日は・・・・・

  歩数:10,065歩  距離:4.52km  時間:77分 

  消費カロリー:429.8kcal   脂肪燃焼:13.7g

 

あれ?並べてみると毎日同じようだと思っていた値が

微妙に違うんだなぁ・・・

今日は月末でデスクワークがほとんだだったので、足らずまいが

3,600歩もあり、それを全部踏み台昇降でカバーしたのでは

三連休に支障をきたすと判断し、いつもの夕方の散歩に加え、

夕飯後の散歩に出た。すごいスピードで歩いたので犬が

「今日はなぜか二度目の散歩・・・・しかも猛スピードとは一体なに??」

といわんばかり・・・。犬のほうが途中で音を上げてしまったのです。

道の途中で突っ張っちゃってストライキ。仕方ないので犬を抱っこして歩いてしまった。

それだからか昨日と比べ、歩行時間が短いのにもかかわらず消費カロリーが

多いことに気づいた。データを並べて反省材料に使うことも大事かもしれないな・・・

なんて思ってみたりしました。

でもあんまり気合を入れすぎると疲れちゃうからテキトーで行こうかなぁ~♪

肝心なのは長続き!だもんね。それから もひとつ大切なことは

「言い訳をしない!」

今日は雨だから、疲れたから、一日くらいいいよね、明日たくさん歩けばいいや、

こんなことは決して言わないように!!がんばるぞーーー♪

 

今日、夜の散歩道で道端に鳴くこおろぎの声を聞いた。

こんなに寒くなってもまだ虫は鳴いているんだなぁ、としみじみ耳を傾けた。

虫の音が盛んだった頃とはまったく違うほろほろと鳴くその声は

何を語りかけるのか、じっとその心を聴いてみた。

 

「・・・・・・・・・・・・・・」

 

わからなかった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

星、瞬く

高い空と棚引く雲のやわらかな色合いに心癒されながら

頬なでる心地よい風に深呼吸しながらのお昼休みの散歩道。

道端の花も減り、冬も近くなってきたのかなと感じた。

 

夕方はチャイムとともに戸締りをし、タイムカードを打ち

早足で帰ってきても時すでに夕闇の中。

愛犬との散歩道は誰一人として出会う人もない・・・

そんな時、ふと見上げた空にはたくさんの星が瞬いていた。

夏から秋へと星も月も見えない晩が多かったせいか、

夕闇の空はあまり見上げなくなっていた。

夕方からぐっと冷える今日この頃。

星は冴えて、瞬きの美しさが心にしみました。

 

なんだか月の暮であわただしかった今日は

じっと座っている時間が短く、万歩計の数字も進む、進む!

おもしろいほどでした。ということで、今夜の踏み台昇降は

わずかでよかったので、今日もノルマクリア♪~10,025歩でした。

三日坊主といわれないように楽しみながら続けなくっちゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋深まり、冬近し、なんて季語が多く登場する今日この頃。

寒いという言葉があちこちで聞かれるようになって来た。

こんな夜はお風呂でゆっくりあったまるのが至福のとき・・・ですね。 

 

昨日、置き薬の一ヶ月点検?の日で、夕飯を食べているときに

いつもの方が薬を換えに来てくれた。中身を使っていなければ

メンテナンス料などは一切かかっていないのでどうやって成り立っている

会社なのだろうか・・・などといつも思ってしまう。とっても興味のあるところ

なんだけど尋ねればきっと

「そう思うなら、薬、どんどん使ってくださいよ」

といわれそうなんでいつも聞かずにいるのであります。 

 

いつものように点検と交換が済むと季節ごとにチラシを下さる。

夏は滋養強壮剤のチラシ。昨日は寒さに向かう時季ということで

効果的なお風呂の入り方のチラシ。手作りのチラシ!

まず湯船に5~8分浸かり、洗い場に出て、足首から下に冷水シャワーを

掛ける。また湯船に5~8分浸かり、今度は膝から下に冷水シャワー。

また湯船に・・・。そして腿から下に。これを繰り返すことで血管の広がりと

収縮を強制的に起こさせ、足元の血流を良くし、ポンプのような働きになり、

体中に血を巡らせるという原理らしい。

その方は一生懸命手作りチラシを指差しながら説明をしてくださった。

とってもまじめな感じの方。その方には微塵も落ち度がないにもかかわらず

私は説明の途中から、えもいわれぬ笑いの虫が現れて、堪えようとすれば

するほど吹き出すように笑ってしまった。最初はその方も苦笑いだったけど

あまりに止め処なく笑う私に途中から怪訝そうな表情へと変化して行き、

しまいには

「何か笑えるポイントでもありましたでしょうか?」

と真剣な表情で訊ねられてしまう始末・・・。

こりゃいかん、と

「ごめんなさい。笑ってしまった訳を話しても良いでしょうか?」

「え?・・・えぇ、まぁ・・・」

「実はですね、先日TVで太っている人のダイエットへの挑戦、みたいな番組があって

それをみていた夫と息子が口を揃えて、太ってる人は楽観的で言い訳が多いよな、

っていったんですよ。今のあなたの説明を受けながら、私、心の中で

『湯船から出たり入ったりするの面倒だし、一生懸命説明してもらってるけど

やんないだろうな・・・』と思ってる自分に夫と息子の言葉を思い出しちゃって、

つい・・・すみません」

と長々言い訳してしまった。大して面白くもない話・・・といったような

その方の表情にすっかり素に戻ってしまったけれど、

こんな性格を直さない限り、私もダイエットは無理なんだろうな・・・と。

 

生活習慣病なんていわれるようになって久しいけど、まずは

「気」を入れ替えなくちゃすべては動き出ださないような気がする。

ということで(?)今日もまた

*******************

昨日とほとんど同じなので歩数だけ記録!・・・・・・・・・10,092歩でした。

腿、ふくらはぎの筋肉痛は少し出ていて辛かったけど、今夜もまた

足らずまいを踏み台昇降し、更に筋肉痛・・・

だけどほど良い疲労感もなかなかいい感じ。

 

さて、今からあの入浴方法を実行してみようかな。

では・・・♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

万歩計

家族の寝静まった居間で ひとり 髪を乾かしながら のんびり日記を書いている。

 

今日はみな口々に

「寒くなってきたね」、「今朝は冷え込んだね」

などといってみたり、中には

「あと一週間もすれば11月だ。カレンダーも最後の一枚だなぁ」

なんて感慨深げに独り言を言う人も。

あいさつに一味加わっていて、思わず笑顔もほころんだものでした。

ちょっとした想いを口にするということは あなたも、そしてあなたも・・・

俳人ね~♪・・・なんて。

 

真冬の寒さをものともしない私にとって、秋の深まりは心しっとり嬉しい限り。

暑い夏には止まっていても汗まみれだけど、寒い冬は動いてさえいればあったかくなる

こんな良い季節はないもんだ!

・・・と、ほんわか静岡県人だから言えるのかも。

雪国の方々、ごめんなさい。

 

ところで昨日買った炊飯器はすこぶる美味しいご飯が炊ける優れもの。

新米はやっぱり美味しいんだ!と実感。お米を作ってくださった方に

改めて深く感謝しました。

 

もひとつ買った万歩計は思いの外、数字が伸びず、こんなはずではなかったのに

と、一万歩までの足らずまい(←これはどうやら方言のよう。=不足分)は

玄関の段差を利用しての踏み台昇降もどきで見事クリアした!

Dvc00006_m  

 

一万歩を4歩過ぎたところでやめるあたりは

素晴らしい~??

この後のお風呂がいつもに増して爽快だったことは

言うまでもありません。 

 

 

明日筋肉痛を出さないために、と 湯船の中でふくらはぎと腿をマッサージ。

とても気持ちの良いバスタイムでした。

それにしてもお昼休みと夕方の散歩では思ったほど歩いていないということを

知ることができただけでも昨日の買い物は無駄ではなかったなぁ・・・と。

そして毎日一万歩の足らずまいに踏み台昇降をしたら半年後、一体どんな私に

変身していることだろう・・・などと妄想の世界に入ることができるのもGood~♪♪

 

以下、万歩計に残された今日の結果を記録します**************

歩数: 10,019歩

距離: 4.5km

時間: 87分

消費カロリー: 381.2kcal (13g)

消費カロリーをグラムに換算されちゃうとちょっとガッカリでした・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ショッピング~♪

今日(正確には昨日)は久しぶりに夫と二男と三人で小雨降る中

浜松まで、車で買い物に出かけました。 目的は壊れてしまった炊飯器。

二男はTVゲーム用モニター、要するにリサイクルショップなどに出された

捨てる直前のような安物TVが欲しい・・と。 夫は暇つぶし。

 

炊飯器は夏の初め頃からどうもおかしくて、朝炊いたご飯が

夕方にはおかしな具合になってしまって。

「今年の猛暑はすさまじいね。朝、炊いたご飯が夕方には食べられなくなっちゃうもんね」

なんて言ってたのが、秋になっても状態は変わらず、

「いつまでも暑いから・・・かなぁ??」

なんて言いながらも更に使用し続け、さすがに新米の出回る頃には

「だいぶ涼しくなってきたから新米こそは美味しく食べられるでしょう」

なんていってたのに・・・・・期待は大きく裏切られ、

「炊飯器が壊れてるみたいだね」

と、やっと気づいたのは最初の異変からおよそ3ヶ月が経ってのことだった。

ついに新米がもったいないから炊飯器を買おう!という満場一致の意見でもって、

買い求めに行ったわけなのです。炊飯器を買い換えるのはあまりに

久しぶりでかれこれ15年位になるのかなぁ・・・浦島太郎状態でした。

高いものでは10万円台もするんだね。ちょっとランクを落とすと6万円台。

普通な線で3万円台だった。家計と相談しながら、キャッチコピーなどを

よく読みながら、また蓋を無意味に開け閉めしたりしながら、ついには

我が家としては妥当な2万円台の炊飯器を買い求めることにしました(三回払いで)。

 

そして夕飯の買い物・・・

 私 「遅くなっちゃったからお惣菜でも買ってっちゃおっか~?

    (たまには夕飯作らなくて済むし)」

二男 「え~?せっかく新しい炊飯器買ったんだから、ホカホカご飯と 

     秋刀魚、食べたいなぁ!」

 夫 「イカの塩辛とか、熱々のご飯に乗っけたら美味いよな~!!」

二男 「餃子も美味そう!!」

    (誰が支度するんじゃい・・・・・もう、プンプン 

ってなことで結局は家に帰ってお米を研ぐところから・・・・・ま、いっか。

とにかく今までのは何だったんだろうというくらいに

美味しいご飯を食べることのできた今夜でした。

「つやつや保温機能」なるものがついてるので明日の朝も楽しみだ♪

 

二男のTVはリサイクルショップでも激安のものはなかったようで

次回また・・・ということになりました。

 

私はというともひとつ以前から欲しいと思っていた万歩計も

買わせて頂いちゃいました。

Dvc00005_m  

性別、体重、歩幅などを設定して歩いた歩数から、

消費カロリー、歩いた時間、歩いた距離などを

表示してくれるという優れもの!

 

明日からがんばって

一万歩、歩くよう心がけなくちゃ! 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天地の気

ハイクブログの「秋水」さんの句の「天地の気」という言葉を甚く気に入ってしまい、

タイトルに頂きました。

秋水さんの句を繋ぎながら、ちょっと天地の気の中に身を置いてみたくなり

散歩に出かけてきました。あちらこちらに黄色い蝶が舞い、時折、野の花に

その羽を休めている様子は何とも言えず寂の風情を感じました。

公会堂の隣のコスモス畑が今を盛りと咲いている。でもここのところの雨で

遠目に見てもその色が褪せてゆくのを感じていたので傍に行って見てきました。

 

Dvc00007 

 

 

昨日までの雨でやはり元気を失っていた。

よほど冷たい雨に打たれたのでしょう・・・

 

 

 

昨日の日記にも書きましたが、今日は朝から胃カメラ検査に行って来ました。

いつもの如く、今回もまた巧く検査を受けることができず、

あの医院にいつかもっと小型のカメラが導入される日を祈りながら待とう

などと思ったりしました。

今回もまたポリープは無数にあり、その中で比較的大きなものと疑わしい姿を

しているものを三個取り、生検に出した。

先日の新聞に載っていたけど、生検は「細胞や組織をとって精密検査に出すこと」

と患者に説明する・・なんて書いてあった。医療用語は一般には難しいもんね・・・。

結果は二週間後に出るらしい。でも私の胃の内部はここでご披露しちゃいたいほど

きれいな色と姿をしていて、悪性的なものは微塵も感じませんでしたので

きっと大丈夫。

 

そんなこんなでまだうっすりと麻酔の残った喉を通る

晩秋の朝の空気はとても気持ちの良いものでした。

大好きな秋の、大好きな土曜日のひととき・・・

天と地との壮大なる気は私の体の中を駆け巡っているのです。ふふ~♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

久々の・・・

今日は昨日の優しく降る雨とは打って変わって強い雨の降る一日だった。

それも夕方にはあがり、気がつけばよりいっそう虫の音は少なくなっていた。

蛙がどこかで一匹、ときおり寂しげに鳴くだけのそんな夜なのです。

本当に一雨ごとに秋は深まってゆくなぁ・・・と感じる。

 

明日は久しぶりに胃カメラの検査に行く。

数年前に人間ドックを受けたとき、バリウムを飲んでの胃のレントゲン検査で

「胃多発ポリープ」・・・要精密検査。

との診断を頂き、そのたび胃カメラの検査を受けていた。

胃カメラは誰しも一度や二度は受けたことのある検査ではないかと思う。

いろんなパターンがあるけど、私が受けてる町医者の検査方法は

まずキシロカイン(軽い麻酔薬)を口に含み、口を開けた状態で

天井を向き、うがいをするような格好のまま3分停止・・・

まぁ、早い話が胃カメラの通る部分に自分で麻酔しろと、

そういうことなのですね~。

な~んとなく麻酔が効いてきたようなそんな錯覚に捉われつつ、

今回こそはオエッッとならないだろう!と思いながらいざ飲んでみる・・・

(お食事中の方、本当に申し訳ありません)

けど、いつも結果は同じで、涙がボロボロこぼれちゃうほど悲惨な

姿をDr.とNs.にさらしてしまうわけなのです。

「いいよ、いいよ、みんなそうなんだから・・・(苦笑)」

と笑っては下さるものの、いつになったら慣れるのか?情けない限りなのです。

Dr.もNs.も昔一緒にお仕事させて頂いた、よ~く存じ上げている方ばかり

なので余計に「今度こそ!」の気合だけは十分なのですが・・・。

また明日、数年ぶりにその検査を受ける予約日となっているので

今から緊張しちゃうのです。

 

父が30年前に椎間板ヘルニアの手術をして、すっかり腰のことを忘れていたのに

ここのところ犬の散歩で腰を傷めたといって通院し、神経根ブロックのため二週間入院をした。

私もここのところ長患いの子宮筋腫がおそらく悪化かと思われるほどの

大量出血と強い貧血で父の入院している病院に掛かった。

(そちらのDr.とも昔、一緒にお仕事したので何でも話せて安心でした)

筋腫の成長も著しいらしく、更に子宮内膜症も併発と診断され、

やはり年齢とともにいろんなものが出てくるのね、と実感した。

 

父の入院のことがきっかけで長野に住む伯父が胃がんの手術をすることも聞いた。

なんでも胃のポリープが癌化したとかで・・・・・???

え??胃のポリープ?? 癌化??・・・・私、最近放置してたけど大丈夫??

と、突然怖くなってしまって、すぐに検査予約を入れたのが明日の検査なのです。

父方も母方も癌家系だし、胃カメラ・・今度は美味しく飲めるかな??とか

ちょっと、いろいろな意味で憂鬱・・・・・・・・・

 

ま、こんな私だからだいじょぶだとは思う。

だけど本当はちょっと怖いなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落葉季

落葉季(おちばどき)・・・

数年前からの俳句友、めぐちゃんが褒めてくれたんで

今日のタイトルは「落葉季」にしました。単純な私です。

 

今日は朝のうちは曇りだったのですが、気がつくと

雨の落ちてきていた、そんな静かな降り出しでした。

それからはずっと止むことのない、かといって強い降りもない

そぞろ降る雨の日なのです。今も・・・・耳を澄ますと

雨の、静かな雨の、うん・・・・・・・音が聞こえるのです。

 

朝、まだ雨が落ちてくる前、会社のデスクの後ろにある

高い高い夾竹桃の木から細長い黄色に染まった葉が

かさかさと一陣の風とともに落ちる音が聞こえてきた。

まさに落ち葉時雨・・・・・

 

秋はいいね。

落ち葉の、風の、夕日の、草の実の、寂しげな風情が

なんとも物憂げで・・・・・・・・

 

今日は半月に一度の割合でやってくる二十四節気のひとつ

「霜降(そうこう)」だった。俳句でもあちこちに書いたような気がするけど

静岡は霜の降りる頃はまだまだずっと先。あと一ヶ月くらいかな・・・

霜が降りる頃、車のフロントガラスの凍る頃、また一段と良い風情だなぁ。

この大好きな時季を心で、体で感じたい!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

深まりゆく秋に

Dvc00024 

 

コスモスたちは深まりゆく秋の

さわやぐ風に揺れながら

まっすぐに空を見上げていた

 

 

 

Dvc00004  

 

先日、10/15の満月

山際から上がってきたばかりの月は

大きくて心に沁み透る様な美しさがありました。

 

 

 

Dvc00018昨日は久しぶりにひとりで買い物に行ったので

のんびりといろんなところを見て歩いた。

本屋さんに行くと来年のカレンダーや手帳が

あったので手にとって見ていた。

ふと「Moon book」という手帳を目にし、

中を見て一目惚れしてしまったので

まだ10月と思いながらも買ってしまった!

 

Dvc00001_m  

 

中身はその日その日の月の満ち欠けが

記されている。今年使っているカレンダーも

満ち欠けだけのイラストが入っている。

やっぱり月はいいな・・・落ち着く。  

カレンダーも月の暦を探さなくちゃ。

 

 

ここのところ情緒不安定でおかしな句を詠んでみたり、

ここのブログをおやすみしたり、棘棘しい言葉で接してしまったかもしれません・・・

ごめんなさい。そしてご心配をおかけしました。

みなさんの優しい心をいただきながら今は心がとっても落ち着いています。

一人一人がかけがえのない大切な友だな、と実感しています。

人はひとりでは生きてゆけない。

人として生を受けた以上、与えられた「言葉」を大切にしてゆきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

しばらく

お休みします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

無言

Dvc00001_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

村祭り

Dvc00004  

 

夕べの月

十三夜の月でした

満月までは数日あるけど

冴えた真っ白な月でした。

 

 

この辺は金曜日の前夜祭から今日が三日目最終日となります。

お天気のせいか いつもの年のような半そでの陽気の日はなく

昼間でもみなきちんと祭りの正装を決めていて勇壮な出で立ち。

  

昨日は息子のバスケの大会があり、朝から夕方まで会場に詰め、

夜はお祭り当番で屋台について子供たちのお世話係・・・

疲れてしまっていつもになく日付が変わる前に眠ってしまいました。

 

お祭りにはお嫁に行った子も都会に就職した子もみな戻ってくるので

子ども会の役員をしてたころにちっちゃかった子達や、

娘の同級生たちが「こんばんは」と声をかけてくれて

「誰でしょう?わかる?」などと満面の笑顔で言われ、

「誰、誰??」(人間違えしてないといいんだけど)と

少し不安になりながら(早く答えを言って~~)って感じ。

昨日は一体何人の懐かしい人たちとおしゃべりしたことだろう・・・

私にとってお祭りの楽しさはそんなところだろうな・・と。

Dvc00003_2  

九車連合 

みな練りに夢中で

月を見上げる人はなかった・・・

 

 

 

 

夕べお祭りが終わって当番のお母さんたちと

「明日のお祭り広場でまた会おう」

ということになったのでお昼前にまたちょっと行って来なくっちゃ♪

こんな当番の行事も来年一年で終わるのでやれやれという思いの反面

ちょっと寂しさもあるかな・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上弦の月

Dvc00005 

 

 

 

 

 

 

 

朝、事務所の掃除をしていると窓から金木犀の香りが

ふ~わり入るこの頃は 思わず手を止めて深呼吸。

Dvc00003  

 

 

 

 

 

 

 

先日、長男が次なる本を買ってきた。

この種のものでは最後に登場した 「AB型 自分の説明書」

うちの男性軍は実に3人ともAB型。チラッと見ても実にうなづける内容ばかり。

本とは縁のまったくない二男もはまってしまって

トイレから持ち出して居間で読み耽っていた。

「うんうん、あぁ~~、そうそう!!」

なんていいながら実に愉しそうに一気に読んでしまった。

「この本買って~」というので、

「もう読んじゃったじゃないの?」と答えると

長男は読み終えたのか、まだなのかは知らないけど

「やるよ、それ・・」という。

二男は大喜びで次の日学校にまで持って行った。

多分同じ血液型の友達と盛り上がったりしたんだろう・・・

と、勝手に想像しながらくすくす笑ったりしたのです。

 

私はというと、島崎藤村の詩集。

実家の父が入院中に読み終えた本を持ち帰って欲しいというので

預かって来た中の一冊なのでした。

藤村の詩はリズミカルで美しい・・・・・

父の故郷・木曽の方なので、小さな頃から触れてはいたんですが

改めて読み返すと秋にはまた詩集も良いもんだなと思うのでありました。

Dvc00006

 

 

 

 

 

 

 

 

形がはっきり写っていないけど、昨日の上弦の月でした。

空の色が絶妙ですね・・・秋ってすべてが美しい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

寒露の夜に

夕べの雨が今朝に残った今日は、日中、雨が上がっても気温が上がらず

風も水も冷たいと感じた 秋の深まりを感じる日でした。

夕方の散歩道も足元から冷えを感じた。

TVでは天気予報で今日が二十四節気の一つ、

「寒露(かんろ)」だと伝えていた。

今まであまり疑問に思わなかったけど、今日は

「二十四節気って何?」

と思ったので調べてみた。

 

「二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として

考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです・・」

とあり、「寒露」とは・・・

「冷たい露の結ぶ頃。秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は

紅葉の準備に入る。稲刈りもそろそろ終わる時期である。」

とあった。

一年を十二等分して睦月、如月と月の名前をつけたり、

二十四等分してその時季に合った名をつけたり・・・

日本の美のひとつですね。

それにしても分けるのは「気」なんですね・・・

 

ここのところブログも俳句も停滞気味で日記を更新せずにいたけど

今日は久々に心がふと動いたので書いてみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋の土曜日

Dvc00001

 

 

家の東の土手にばあばちゃん(義母)が

育てた黄色い花がいっぱい!きれい~♪

 

 

 

 

Dvc00002  

 

 隣にコスモスも色を添えています 

 

 

 

 

 

Dvc00005  

 

鶏頭もね・・

 

赤はやっぱり携帯電話のカメラでは

うまく写らないようですね。 

 

 

Dvc00006  

 

前にも載せたほおずきみたいな実の生る

この草の黄色い花がついていました。

 

 

 

 

Dvc00007   

 

もうすぐ成熟の頃を迎える「どろぼう草」

この細い茎を手折って投げっこしたものでした。

今は我が家の愛犬が散歩のあと体のどこかしらに

この実をくっつけて帰ります。

 

 

Dvc00008  

 

数珠玉の実と花がついていました。

黄色い実はまだ熟していないんです。

熟すと硬く白や灰色、斑模様になります。

昔、この数珠玉をつなげて首飾りを作りました。

今の子はやらないのかな・・・・・

 

Dvc00009  

 

秋のアレルギー源、セイタカアワダチソウです。

2mくらいあるでしょうか・・・・

 

 

 

 

Dvc00010  

 

烏瓜をみつけました。

這いつくばるような低い位置に

そっと身を隠すように生っていました。

 

 

 

Dvc00011  

 

これは白い曼珠沙華ではないのです。

人間にたとえるならばロマンスグレーのような

壮年期に入った華なのです。

これもまた風情があります。

 

 

Dvc00012  

 

刈り取りの済んだばかりの田にカラスが集まって

いました。よく聞いているとくちばしがコチコチ

鳴っています。

落ちたお米をついばんでいるのでしょう。

カラスも新米を心待ちにしていたのでしょう。

 

 

Dvc00021近所に住む伯母さんの家山で採れた栗です。

大きなものでは4cmくらいあります。

とっても美味しいんです。

でも夫も息子も皮を剥いてまでは食べないし、

栗ご飯は むせっぽい(パサパサ感がある)

といって食べてくれないのです。

栗きんとんはべとべとしてると言うし・・・ワガママ。

 

Dvc00025 Dvc00026  Dvc00027_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

得意の圧力鍋で10分蒸し、荒熱(あらねつ)が取れたら 半分に切って、スプーンで

中身を取り出し、砂糖とほんのちょっとの塩をいれ、水分調整(しっとりしあげるため)

に牛乳を加え、よく混ぜます。そして茶巾(ちゃきん)に包み、上の部分をキュッと

絞ります。

Dvc00028 

 

栗の茶巾絞りのできあがりで~す♪

抹茶と一緒に・・・・・  

 

 

 

  

今日は息子のバスケの新人戦でした。

なんとか来週の決勝進出へ繋いでくれたのでホッとしました。

 

今日は午前中に一試合、午後に一試合だったので

お昼は実家に寄りこんでお昼を食べさせてもらおうと

車を走らせた。途中、携帯電話が鳴ったので運転中だったけど

手にとってチラ見運転をしてしまった。

その直後、警察の振る真っ赤な「止まれ」の旗に導かれるままに

車を停車させた。一瞬のうちに携帯電話を使用しながらの運転ということで

罰金6000円と点数1点をつけられた?のでありました。

期限内の払い込みがあれば、3ヶ月以内に点数は消えるとか・・・

でもショックでした。実家でその話をしたら、母が

「あら~、隠れてみてたんだね。運が悪かったね~」

といった。でも、よく考えてみればそのときに警察に捕まったのではなく、

事故を起こしていたとしたら、そんなもんでは済まなかったのだから

これを機に今後はよそ見運転をしないよう気をつけなくちゃ・・・と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋の夕餉

今週火曜日に 二男が耳が痛いと訴え、通院した。

最初に行った医院が火曜休診だったため、駅前の医院に行った。

外耳炎をこじらしているとのことで化膿止めを頂いた。

四日後に再診ということで 明日土曜日が四日後になるのだけど

明日はバスケの新人戦のため、休むわけには行かないということで

今日金曜日に遅刻を予め会社と学校に告げ、通院した。

 

その医院には昔から書が掲げてある。

Dvc00001 Dvc00002

 

 

 

 

 

 

 

 

千涯先生といって私の師でもあった方なのです。

久しぶりに先生の書を目にすることができ、

引き合わせを感じずは いられませんでした。

 

診察開始までの待ち時間にパラパラめくっていたオレンジページという

料理の雑誌に載っていた「れんこんのはさみ揚げ」に目が留まり、

今夜はコレッ!・・・と。

 

Dvc00006  

これが二皿分・・・・・

ぺろりと平らげられたのでありました。 

 

  

Dvc00003薄めに切ったれんこんを水にさらし、

水分を拭き取り、片面に片栗粉をまぶし、

豚挽き肉、味噌、おろし生姜、ねぎ、酒

などの材料を粘りが出るまでこねたものを

挟み、れんこんの穴に肉がぎっしり詰まるよう

ぎゅっと挟み込んで、全体に片栗粉をまぶし、

からりと揚げる!

 

いつも手抜きで 「30分さっさかメニュー」ばかり。

秋深まり涼しい台所は火の前に立っている時間も苦にならなくなってきたので

ちょっと手をかけようかな~と 作ったこのメニュー。

あっという間になくなった。

このことでわかったこと・・・・・手をかけたものは美味い!

ということ。何十年主婦してるんだろうか・・・・・・・・・・・・・・・

Dvc00007  

 

お桜ご飯、豚肉がほとんど見当たらない豚汁、

れんこんのはさみ揚げ、煮卵・・・・・でした。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

秋、白く・・

Dvc00005  

 

実家の紫式部  

 

ちょっとおいしそう♪

たしかこんなお菓子あったような・・・ 

 

 

Dvc00019  

 

事務所に差し込む秋の陽は

なんとも柔らかで白く優しい。

 

 

 

 

Dvc00024  

 

大好きな緑もこの優しい秋の陽に

逢わせてあげましょ・・・

 

 

 

 

Dvc00025 

 

お昼休みの散歩

どこまでも高く抜けるような蒼

気持ち良いなぁ・・・

思わず深呼吸!

 

 

Dvc00026  

 

まだ曼珠沙華、元気、元気♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »