« 秋風に遊びて | トップページ | 秋、白く・・ »

秋澄む里

めっきり秋めいて

清々しい今朝は

道端の新たな野の花の

透明な風を纏うさまに心奪われ

私の中の小さな痛みが

ほろりと落ちたような 

そんな幸せを感じた

 

名も知らぬ鳥が行く空に

また今朝も収穫のときを迎えた

賑やかな田に

誰にも知られることなきまま

流れ行く川の水たちに

心 留めながら・・・

 

Cocolog_oekaki_2008_09_27_09_38

|

« 秋風に遊びて | トップページ | 秋、白く・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
珍しく、起きてるでしょう私(笑)
お元気に、なられたようで。
声の大きい者だけが目立ち、又それをヨシ!とする時代のようです。
私も、恭子さんと一緒。
誰も気に止めないものにこそ、心を留めてゆきたいと考えてるんですよぉ♪

投稿: 藤紫 | 2008年9月27日 (土) 23:27

藤紫さん、こんばんは
いつもよりも遅い時間まで起きていて
眠い目をこすってはいませんか?ふふふ~♪

元気になりましたよ!藤紫さん♪
心配ばかりおかけしてごめんなさい。
もう大丈夫・・

はい、何ものにも逆らわぬ大自然の中に身をおけば
自分の悩みの小ささにふふっと笑えてさえ来ます。
普段は忙しさに流されていてものんびりできるときには
そっと心寄せるゆとりを大事にして行けたら・・と思っています。

投稿: 恭子 | 2008年9月27日 (土) 23:56

こんにちわ(^^) 恭子さんお元気ですか?? 
朝、晩と秋らしくなってきましたね!
またひとつ季節が終わったんだなぁ。
一通り暴れて暇になったらしく指しゃぶりしながらゴロゴロしているマナを眺めながら今日は何を着せよう・・・と悩むのでした(^^) 
季節の変わり目。お体には気をつけてくださいね(^^) 可愛いコスモス♪

投稿: ぷっち | 2008年9月28日 (日) 10:02

ぷっちちゃん、こんにちは
暑い暑いと思っていた静岡にもついに秋はやってきましたね!
突然涼しくなるから着るものにも悩むよね。
特にまだ抵抗力の弱いまなちゃんには
朝方や急に涼しさの増す夕方はいつも傍に
お布団を一枚準備とか、羽織るものを持っていないとね。

ぷっちちゃん、ブライダルシーズンに入り、
また忙しくしているんでしょうね。
そんな中、ふと覗きに来てくれてコメントを残してくれて・・
本当に嬉しい!

ふふ・・下手くそなんだけどこんないい加減な
絵が愉しかったりして。
コスモスの風に揺れる様子は本当に心和むね。

投稿: 恭子 | 2008年9月28日 (日) 10:59

恭子さん、お元気になられ本当に
よかったです。俳句ブログに
恭子さんの句がないと、寂しくて、
お世辞ではありません。その様に
思うのですよ・・・人生いろいろ
人もいろいろ、これからも元気で
居てくださいね~~
コスモスの絵に、ほっと心安らぎます。

投稿: 翆波 | 2008年9月28日 (日) 12:49

翠波さん、こんにちは
病は気からといいますので心だけは
シャンとしてそして笑顔でいようと
思います。ご心配おかけしました。

翠波さんの蝶の句で俳句の原点に戻ろうと
そう思うことができました。
「いないと寂しい」・・宝物です。
大切に胸にしまっておきます。
翠波さん、大好きです!!

コスモス、いざ描こうと思ったら
どんな花だったかな?とネット検索で
写真を見ながら描きました。
芸術の秋途は程遠い絵ですが、
段々それらしくなってゆく過程を愉しんでします!

投稿: 恭子 | 2008年9月28日 (日) 13:11

コスモスの絵素晴らしいですね。
さっと画けてしまうのでしょうね。
絵心のある人は羨ましい。
子供の頃から絵が画けなくてね。
今も苦手なんですよ。

投稿: 海の子 | 2008年9月28日 (日) 14:43

海の子さん、こんにちは
主役のコスモスにはちょっと気合入れましたが
空がなんともお粗末でありますね。
こんな拙い絵をお褒め頂き、恐縮です。

誰しも得手不得手があります。
海の子さんの得意なことって何ですか?

投稿: 恭子 | 2008年9月28日 (日) 14:49

早朝散歩が好きな私にとっては
ソウソウ、その通り・・
俳句とはまた違う鑑賞させて
頂きました。詩もいいですね。
ところで恭子さんは字も絵も
上手なんですね。

投稿: 悠遊 | 2008年9月29日 (月) 06:21

悠遊さん、こんにちは
散歩っていいですよね。
その日その日の風に吹かれながら
その時その時の花、鳥、人に出会え、
心がスーッとしますね。
私の生活に無くてはならないものです。

いつもお褒め頂いてとってもうれしいです。
字も絵も好きというだけで特に何かに
こだわるわけでも追求するというわけでもなく
ただ描きたい時に描きたい物を想いのままに
描くというだけの気ままなものです。
そんなのが私に合ってるな・・・と。

投稿: 恭子 | 2008年9月30日 (火) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋澄む里:

« 秋風に遊びて | トップページ | 秋、白く・・ »