« 秋漂ふ | トップページ | 芭蕉~秋の句 »

秋の詩(うた)

Dvc00001  

先日の日記の「百日紅(さるすべり)」

ちょっと紫がかってるでしょ?

先客はこの色を恋うるのでありました。

 

Dvc00003  

私の大好きな風景の一つは

なんと我が家のトイレの一角。

長男の思い思いの本がそこにはあります。

 

最近置かれるようになったのは「中原中也」。

詩人さんです。「汚れつちまった悲しみに」

などが有名ですが、ほかにはどんな詩を書かれた方なのか

パラパラと ただパラパラと風に任せるが如くページをめくれば

いくつかの詩が眼に留まるのでした。

紹介いたしましょう・・・・

 

閑寂


なんにも訪ふ(おとなう)ことのない、
私の心は閑寂だ。


      それは日曜日の渡り廊下、
      ― みんなは野原へ行つちやつた。


板は冷たい光沢(つや)をもち、
小鳥は庭に啼いてゐる。


      諦め足りない水道の、
      蛇口の滴(しづく)は、つと光り!


土は薔薇色、空には雲雀
空はきれいな四月です。


      なんにも訪ふことのない、
      私の心は閑寂だ。

 

いちじくの葉


夏の午前よ、いちじくの葉よ、
葉は、乾いてゐる、ねむげな色をして
風が吹くと揺れてゐる、
よわい枝をもつてゐる・・・・・・


僕は睡らうか(ねむらうか)・・・・・・
電線は空を走る
その電線からのやうに遠く蝉は鳴いてゐる


葉は乾いてゐる、
風が吹いてくると揺れてゐる
葉は葉で揺れ、枝としても揺れてゐる


僕は睡らうか・・・・・・
空はしづかに音く、

陽は雲の中に這入つてゐる、
電線は打つづいてゐる
蝉の声は遠くでしてゐる
懐しきものみな去ると。

 

汚れつちまつた悲しみに


汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪のふりかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の皮裘(かはごろも)
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる

汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむことなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠(けだい)のうちに死を夢む

汚れつちまつた悲しみに
いたいたいしくも怖気づき
よごれつまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる・・・・・

 

長男は昔から本が大好きで、こうして手の届く場所

すべてに気に入った本を置き、読み耽る時間がまた

好きなようなのです。

ブックカバーの折り返しを栞がわりに挟み込む彼、

昨夜は22ページに、今朝は35ページにありました。

彼の好きな時を私もまた愉しんでみる良い秋であります。

|

« 秋漂ふ | トップページ | 芭蕉~秋の句 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

息子さんも既に詩人ですね。
トイレ図書館に漫画を置いている
家は多いけど個人の空間で「詩」に親しむ
子供がいるのは他人事ながら嬉しいですね。

投稿: 海の子 | 2008年8月23日 (土) 23:13

海の子さん、こんばんは
彼は日本文学全集も読破しますし、
ハリーポッターのようなものも
すべて購入してきて読み尽くしました。
もちろん漫画もありますが、
あらゆる物を読んでいます。
ついに詩に興味を持ったということは
いつか俳句を読むようになるやも
知れませぬ。愉しみです!

投稿: 恭子 | 2008年8月23日 (土) 23:59

中原中也・・・私が18歳のころ、入院していた隣の部屋の女性から詩集をいただいてそれからファンになりました。

彼はヴェルレーヌにあこがれていたんですねぇ・・・すぐ私はヴェルレーヌの詩集も買いましたねぇ(笑)

『秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて  ひたぶるに うら悲し 』
これ20歳のときに展覧会で出品したんですよ。

投稿: ジュピター | 2008年8月24日 (日) 01:13

ジュピターさん、こんにちは
そうでしたか、18のときに・・・
私は高校生でしたか、教科書で
読んだくらいであまり心にとまることなく
過ごしてきたものですから、今、
18の長男が自ら買い求めて
読み耽っているということの
背景にはどんなものがあるのかと
ちょっと思い巡らせてみたりして
いるのであります。

展覧会の出品は書なのでしょうか?

投稿: 恭子 | 2008年8月24日 (日) 12:03

『汚れつちまった悲しみに』の詩は何かで読んだことがあるのですが・・・
中原中也の詩、もっと読んでみたくなりました(*^-^)ニコ

投稿: めぐた | 2008年8月24日 (日) 17:36

めぐちゃん、こんばんは
「汚れつちまつた悲しみに」は
以前mixiで書いたことがあります。
与謝野晶子の「雪」と一緒に・・
それとは違うかな?
中原中也もいいね・・
今日もちょいとトイレで
読んじゃいました。ふふふ~

投稿: 恭子 | 2008年8月24日 (日) 22:04


啓 だいぶ涼しくなりました。今日と明日と、障害者支援パソコン講座ボランティアに行きます。
9時~4時強行軍。クーラーが効かない扇風機あるクラシック教室です。
静岡地方大雨の予報のようですが、
こちらはいますこーし蒸し暑くなったかなぁ程度で、厳しい暑さにはならないでしょう。
御自愛ください。そんでわ、ただいまから行ってきます。B.Y.

投稿: tani | 2008年8月25日 (月) 08:22

息子さんすごいなぁ~。 私は詩はいまいち・・・。 どなたかの「心に太陽を持て」って詩は友達にお店開くときにもらって励みにしていますがそれ以外はちょっとよくわかりません(^^; 
その後ろの「ピ~と吹くジャガー」は旦那が大好きで家にもたくさんあります(^^;
マナの胎名だった「ピヨ」の由来はその漫画の「ピヨ彦」から来てます(^^; こんなコメントですいません(^^;

投稿: ぷっち | 2008年8月25日 (月) 11:16

谷人さん、こんばんは
ボランティア、お疲れ様でした。
谷さんはPCの先生ですもんね。
私にもT.B.のことを教えてくださいました。
覚えの悪い私はいまだにマスターしてませんけど
・・・ふふ。
明日もがんばってくださいね、先生!

投稿: 恭子 | 2008年8月25日 (月) 20:09

ぷっちちゃん、こんばんは
「心に太陽を持て」ってどんな詩なのかな?
いつかどこかで紹介してね!!
ジャガーさんはうちの子たち3人とも
大好きで、トイレに新しいものが入ると
長居して困っちゃってます!
ドアを叩いて「外で読んでよ」と
ドタドタやって訴えます。ふふ・・・

そっか~、まなちゃんのニックネームの
由来はそこだったんだね。

いつもコメントありがとね♪嬉しいよ~。

投稿: 恭子 | 2008年8月25日 (月) 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の詩(うた):

« 秋漂ふ | トップページ | 芭蕉~秋の句 »