« 絵手紙 | トップページ | 秋漂ふ »

向日葵

息子が帰ってきた。

遠州ふくろいの花火の日、8/9に滋賀から帰省していた娘が滋賀へ戻る時に

中学2年生の弟を一緒に連れて行ったのだ。

目的は甲子園。地元静岡代表の常葉菊川(とこはきくがわ)の応援に行くといって。

 

16日は準々決勝、常葉vs智弁和歌山。この一試合で観戦終了かと思いきや・・・

17日も準決勝、常葉vs浦添商業を観に滋賀県南草津の娘のアパートから二人して

三府県またぎの兵庫県の甲子園まで行ったそうな。

そして決勝を応援しなくちゃと、今日からバイト復活の娘に別れを告げ、息子はひとり、

娘のアパートから甲子園まで行ったという。手元から離したことがなかったので遠い地で

スリ、ひったくり、無差別的な人々に遭わないことだけを祈りつつ、長期休暇明けの

山積みの仕事を片付けつつ、甲子園を気にかけつつ、実は息子が一番心配だったり・・・

という忙しい一日でした。

 

甲子園の方は決勝戦にしては珍しいコールドゲームでありましたが、良くぞここまで

闘ってきたと、涙ながらに拍手を送る私でありました(仕事中)。

 

甲子園が終わるが早いか、何時に帰ってくるのか、駅弁を食べて帰ってくるか、

夕飯を用意しとこうか、疲れて寝ちゃうといけないから財布と携帯電話の保管場所に

注意しろとか口うるさい母なのでした。

 

駅まで迎えに行くとホームに姿が見えるが早いか、満面の笑顔になっていたのは

私の方だった・・・。息子は少しはにかんだ笑顔で、ちょっと低い声で

「ただいま」

といった。車に乗り込むと堰を切ったように、この旅の話を延々と語る。

相当楽しかったようだ。その声のトーンにこちらまでウキウキしてしまって

尽きない話に、音楽を愉しむかのように耳を傾けていた。

 

家に帰るなりお土産を広げながら、また延々と話が続く・・・。

全身満遍なく日焼けした息子の目はキラキラと輝き、一回りも二回りも

大きくなったように感じた。まるで向日葵・・・!以上、親ばか暴露日記デシタ。

|

« 絵手紙 | トップページ | 秋漂ふ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

息子さんもとってはすごーくプラスになる
一人旅だったでしょうね。。。
そうやって大きくなっていくのかなぁ・・
恭子さんにとってはちょっと寂しくもあり
ドキドキの日々だったのでしょうか^^

投稿: しゅう | 2008年8月19日 (火) 10:43

常葉菊川、準優勝ってだけですごい事です!感動しました!野球はよく分からないけど高校野球は涙流しながら見てます(笑)
恭子さんの心配する気持ち、安心した気持ち、うれしかった気持ちがとっても伝わってきました(^^) 試合より気になりますよね(^_^;) 何事もなく楽しめたみたいでよかったです!
私も母校の応援で甲子園にトランペット抱えて行った事思い出しました(^^)楽しかったなぁ♪ 応援する側も青春です(^.^)


投稿: ぷっち | 2008年8月19日 (火) 22:48

しゅうちゃん、こんばんは
息子はしゅうちゃんの住む大阪に
ひとり行ったんだな・・・と思うと
なんだかずいぶん成長したような
そんな気がします。
道頓堀のドンキホーテの安売りで買った
スピーカーが今日届いたと喜んでました。
お小遣いを貯めて持っていって買ったらしく・・

投稿: 恭子 | 2008年8月19日 (火) 23:19

ぷっちちゃん、こんばんは
そうだね!準優勝だもんね。
すごいことだよね!!みんなみんなお疲れ様。
それぞれの想いが詰まった、みんなの甲子園だね!

そっかぷっちちゃんも何度も甲子園へ行ってるんだね?
野球の強いチームは吹奏楽も上手いって
言われてるけど中日吹を聴きに行って
なるほどと思いました。浜商はさすがでした。

投稿: 恭子 | 2008年8月19日 (火) 23:23

息子の旅立ちは寂しいような、嬉しいような・・・
急に大人らしくなって驚かされることもあるけれど、
いつもでも可愛い子供なんだよね。

投稿: あのたっち | 2008年8月21日 (木) 23:09

中2でそれは大したもんです。
いい体験で自信を深めた事でしょう。
結構緊張しながら動いていたと思いますよ。
そりゃあ、親は心配でしようがないですね。

投稿: 海の子 | 2008年8月22日 (金) 00:41

あのだっちさん、息子ってどうしてこうもちっちゃい子扱いしてしまうのかと思うくらい・・私だけかな。可愛いというか恋人みたいな、気になって気になってどうしようもない存在ですね。ずっとそばにいてほしいです。

投稿: 恭子 | 2008年8月23日 (土) 00:13

海の子さん、こんばんは
そうですか・・・嬉しいです。
あ~、そうなんでしょうか。
娘もそうですが、自分がすぐに飛んでゆけない場所に行ってしまえば、自分の身は自分で守りなさいよ、ってことなのは分かっているんですが、携帯電話というものをつい利用し、遠隔操作しようとしているのかもしれません。
子離れできない親ばかな親なのです。

投稿: 恭子 | 2008年8月23日 (土) 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向日葵:

« 絵手紙 | トップページ | 秋漂ふ »