« 朱夏 | トップページ | 想ふ »

優月

今夜の月は久しぶりにその姿を

まっすぐに私たちに見せてくれた。

上弦の月より一日過ぎ、ほんの少しふっくら・・かな?

夜空は雲ひとつなく、優しい月と

ひとつふたつの星だけがあった。

なんてきれいな月の夜・・・・・・・

GW以来、久しぶりに娘が帰って来た。

そんな気持ちが余計に月を

綺麗に見せていたのかな?

 

23:30 家の電話が鳴った。

こんな時間に誰?

電話には長男の携帯電話番号が出てる。

「駅にいるだけど、迎えに来てくれん?(呂律回ってない)」

「飲んでるだ?(酒くさそ・・)」

「うん、飲みすぎちゃった・・・ごめん」

「いいよ。行くよ~」

ごめんなんて何年ぶりの言葉だろう。

と、ちょっと嬉しく月と共にお迎え。

車に乗り込むなり、

「あ~、飲みすぎちゃったやぁ~」

「そんなに飲んだの?」

「うん。スリランカの友だちと飲んだだよ~。

留学生でさ、日本語が上手なんだよ!

スリランカに帰って日本人向けのホテルを

建てたいっていって勉強してるんだよ。

すごく考え方がしっかりしてるなぁ・・・

でも来月帰っちゃうんだって。

一緒にスリランカへ行こうよって言って

くれてさ、なんか嬉しかったなぁ~。

昔、国際交流してたとき、スリランカの人たちと

ずいぶん交流したよね!?あのときの

渡り蟹のカレーは美味しかったなぁ・・・・」

・・・・・・・・まだまだ延々とおしゃべり。

この子のこんなたくさんのおしゃべりは

何年ぶりだろう・・・。最近感じたことのない

喜びが私の中で静かに熱くこみ上げてきて

でも不思議と涙、とかじゃなく笑顔で会話している

泣き虫なはずの私がいた。

 

今夜の優しい月は こんなステキな時を

予感させていたのかもしれないな・・・と。

Dvc000011  

とってもちっちゃいけど

これが今夜の月でした

 

 

ありがとう・・・・・・・

|

« 朱夏 | トップページ | 想ふ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スリランカはサファイヤなど宝石が沢山採れる国なんですね。昔こんな話を聞いたことがあり憶えているのですが、神様はいろいろな宝物を地中に埋め、其処に住む人たちを選び祝福したというのです。魚を釣っても今日食べる分だけを採り、バナナもお腹のすいた時に食べる分だけ食べるのだそうです。スリランカの人たちを言い得て妙だと思ったものでした。お陰で今でもスリランカは宝石が沢山採掘されているんですね。

投稿: 海の子 | 2008年7月12日 (土) 16:46

海の子さん、とってもステキなお話ですね。
ありがとうございます。

そうですね。スリランカの人たちは
本当に自然との共存を基本に生きている
と言った感じでした。
国民全体的に晴耕雨読の生き方をしている
そうなんですよ。だからYAMAHA本社に
研修に来ていた方たちも雨が降ると
「なぜ雨なのに仕事に出かけるのか」
と言っていました。
日本人にとっては笑い話でしたが、
スリランカの人たちの目は真剣でした。

投稿: 恭子 | 2008年7月12日 (土) 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優月:

« 朱夏 | トップページ | 想ふ »